スパワールドは、大阪市浪速区にある温泉をテーマとした娯楽施設

スパワールドは、大阪市浪速区にある温泉をテーマとした娯楽施設。キャッチフレーズは「美と健康の24時間快適空間」。

ソース画像を表示

概要

株式会社阪神住建が運営。「天王寺“世界の温泉”」という源泉(天然温泉)を擁する都市型の温浴施設で、1997年平成9年)7月18日に開業した。

新世界のランドマークである通天閣の南側、ジャンジャン横丁の西側に位置する。かつては西隣に、同時期に開業したフェスティバルゲートがあった(2007年(平成19年)7月31日に営業終了。現在は解体され、マルハンドン・キホーテを核テナントにした商業施設を2015年(平成27年)2月27日に開業した)。

温泉は4階にヨーロッパ、6階にアジアと2つの地域をイメージしたフロアに分かれ、さらにそのフロア内に主な国の代表的な浴場を配置。浴場には各国の装飾を随所にあしらっている(フロアは男女別で、月ごとに入れ替わる)。岩盤浴サウナ、スポーツジムも併設されている。

温泉以外では、ウォータースライダーなどのアトラクションが目玉の温水プール、「フードゾーン」と題した飲食店のフロア(グルメコート、鶴橋風月など)、男女別のエステサロンや複数のマッサージを提供するフロアもあるなど、バラエティに富んでいる。

上層階にホテルも併設しており、和洋・大小さまざまな客室を設けている。

ミシュランが旅行者向けに発行している『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』に掲載され、「一つ星」の評価を得た。

  • 広告 セルフエステLALAESTHE【ララアーシャ】
ソース画像を表示

新世界に現れた温泉のテーマパーク

「スパワールド世界の大温泉」は、温泉のテーマパークです。世界各国の代表的な浴場を配置した温泉や、ウォータースライダーなどのアトラクションがあり、季節に合わせた水温で楽しめます。お子さんと一緒にアトラクションで遊ぶもよし、岩盤浴やエステで日ごろの疲れを癒すもよし。通天閣から徒歩3分でアクセスできます。

新世界で温泉を楽しもう!

基礎情報

  • 源泉名 – 天王寺世界の温泉”
  • 湧出地 – 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目2番32
  • 泉温 – 39.4℃(調査時における気温28.9度、2005年5月24日現在)
  • 泉質 – 単純温泉(低張性・中性・温泉)
  • 営業時間 – 8時45分から10時00分を除く24時間(浴室入替日は7時45分まで)
ソース画像を表示
ソース画像を表示

スパワールド世界の大温泉で、ストレスが溶け出すような温泉、癒し効果のあるスチームサウナ、泥エステなどを楽しんで、自分へのご褒美の一日にしませんか。高い人気を誇るスパワールドの最大の魅力は、幅広く用意された国際色豊かなスパやサウナを体験できるところです。

温泉施設は大きく 2 つに分かれ、ひとつはヨーロッパ ゾーン、もうひとつはアジア ゾーンになっています。ヨーロッパ ゾーンでは、古代ローマの古典的な彫刻の下でお湯に浸かったり、スペイン調の露天風呂の滝に打たれたり、フィンランドのサウナの雰囲気を模したログキャビンでくつろいだりしてみましょう。

ソース画像を表示

交通アクセス

ソース画像を表示
所在地大阪市浪速区恵美須東3丁目3-4-24
座標北緯34度38分59.9秒 東経135度30分20.3秒
交通#交通アクセスを参照
泉質単純温泉
泉温(摂氏39.6 °C
液性の分類中性
浸透圧の分類低張性

コメント

タイトルとURLをコピーしました