大安寺温泉(だいあんじおんせん)は、福井県福井市大安寺地区周辺にある温泉

大安寺温泉(だいあんじおんせん)は、福井県福井市大安寺地区周辺にある温泉。

ソース画像を表示

現在、大安寺地区にはいくつかの温泉があり、大安寺温泉の湯元跡が今も残っている。古文書には慶長六年(1601年)初代藩主・松平秀康公が巡視の際に入湯されたと記録があり、それ以来歴代の福井藩主の湯治湯としても知られる。温泉は田んぼの手掘の井戸から湧出し、温度は27〜28度位であった。福井市に合併する時の条件として、市の財源で温泉を掘って貰い、莫大な費用をかけて、温泉の発掘は行われました。そして、昭和38年に、現在の百華園がある所で大安寺温泉と云う命名が行われた。温泉の泉質は単純アルカリ温泉・カルシウム泉・ナトリウム泉。温泉の効能は胃腸病・リューマチ・神経痛・疲労回復・美容効果ete。

ソース画像を表示

泉質

福井県内にある火山性温泉の一つで、性質は弱アルカリ性またはアルカリ性である。

  • 大安寺温泉 萬松閣
    • 単純アルカリ温泉・カルシウム泉・ナトリウム泉
      • 源泉温度約25度

なお、福井市天菅生町には「大安寺温泉2号井」という別の源泉地がある。

温泉施設

  • 大安寺温泉 萬松閣
    • 〒910-0043 福井県福井市四十谷町12-21
ソース画像を表示

大安寺地区に湧く「大安寺温泉」の楽しみ方

福井県の「大安寺(たいあんじ)温泉」は、福井市街地から最も近い温泉地。西に萬松山、東に日野川、九頭竜川を望む豊かな自然に囲まれた大安寺地区に湧き、約350年の歴史を持つ古湯です。

古文書には1601年(慶長6年)、初代藩主・松平秀康公が巡視の時に入湯されたという記録があり、歴代福井藩主の湯治場としても知られており、現在は「大安寺温泉 萬松閣」や「すかっとランド九頭竜」などで入浴あできます。

天然記念物の「東尋坊」や曹洞宗の大本山「永平寺」、巨大復元ジオラマが圧巻の「福井県立恐竜博物館」などへのアクセスも良く、福井観光のベースとしても最適な立地です。また、各お宿では福井の女の子を集めてのコンパニオン宴会で大いに盛り上がるのもおすすめです。若くてオシャレな女の子たちが積極的にサービスを致します。至福の宴会体験を大安寺温泉でお愉しみください。

ソース画像を表示

歴史

天菅生の小木家に伝わる、1690年(元禄3年)の奉公所の税金について書かれた文書に「天菅生からお湯が出て...」と記述があり、これが一番古い資料ではないかと言われている。国税庁の租税史料室で所蔵する古文書によれば租税免除して温泉の開発を行ったが、その時は失敗しているが、第3代福井藩主の松平忠昌も入湯養生したといわれる由緒ある名湯である。

温泉は明治の終わりごろまでは栄えていたが、以降さびれていた。 その後、福井市に合併(現在の大安寺地区)するときの条件として市の財源で天菅生で温泉を掘ることになり、1963年(昭和38年)百華園で大安寺温泉と命名が行われた。後に福井市大安寺地区の四十谷で畑製紙により温泉が掘られたが、天菅生のとは源泉は異なる物の、四十谷のも大安寺温泉を名乗っている。

アクセス

コメント

タイトルとURLをコピーしました