鷹の子温泉(たかのこおんせん)は、愛媛県松山市鷹の子町に湧出する温泉

鷹の子温泉(たかのこおんせん)は、愛媛県松山市鷹の子町744(旧国伊予国)に湧出する温泉

現在、この地にあった湯宿が閉鎖され、オオノ開発株式会社(媛彦温泉の経営母体)によって、新たな施設(ホテルと日帰り温浴施設)が建設された。尚、ホテル名称は「たかのこのホテル」、日帰り湯は、「たかのこの湯」と決定した。(ホテルは、鉄筋コンクリート6階建3000平方メートル、日帰り温浴施設は、鉄筋コンクリート平屋1800平方メートル) 尚、たかのこの湯は、源泉の湧出量が豊富なので、掛け流しで使用している。

ソース画像を表示

泉質

  • アルカリ性単純温泉
  • 48.0℃(新源泉=地下1200m)

効能

ソース画像を表示

温泉街

鷹子温泉開発株式会社が開発した湯宿で、たかのこ温泉ホテルが存在していた。

又、湧出量が豊富なので浴槽は全て掛け流しで使用していた。

現在、土地建物は媛彦温泉を経営しているオオノ開発株式会社に譲渡され、更地に戻して新たな温泉ホテルを建設し、2012年11月11日に開業した。

ソース画像を表示

子供風呂あり!由緒ある天然温泉

明治時代に「大師湯」という温泉としてスタートし、昭和時代に「鷹ノ子温泉」、平成になり「たかのこの湯」として蘇った由緒ある温泉で、地下1200メートルから湧き出る昔からの源泉に加え、高温・良質の新源泉も加わり、ますます魅力的な温泉になりました。ホテルに隣接しています。

泉質はアルカリ性単純温泉で、最高の泉質をゆったりと楽しめるよう、数多くの浴槽が用意されています。
大浴場には大浴槽の他、電気風呂、ミストサウナ、歩行浴、座湯、露天風呂、寝湯などがありますが、子連れ必見なのが子供風呂です。
大浴槽に隣り合わせで作られており、浅い造りになっているので、大人は大浴槽で、すぐ隣で子供も安全に入浴でき、親子でゆったりくつろげます。
館内には食堂もあり、入浴後お食事も済ませることができます。

アクセス

所在地愛媛県松山市鷹子町
座標北緯33度48分49秒 東経132度48分30秒
交通伊予鉄道横河原線久米駅下車徒歩7分
泉質単純硫黄温泉
泉温(摂氏48.0 °C
湧出量毎分800リットル
pH9.3
液性の分類アルカリ性
宿泊施設数1

コメント

タイトルとURLをコピーしました