川底温泉(かわぞこおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉

川底温泉(かわぞこおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉九重九湯の一つである。

ソース画像を表示

宝泉寺川沿いにある川底温泉。同温泉の歴史は古く、延喜元年(901年)に菅原道真が大宰府に左遷(させん)される際、刺客を逃れて身を隠した時に発見し、温泉を開いたと言われています。
現在のような温泉場になったのは、安政3年(1856年)本村の庄屋・菅原元徳が村民のために温泉開発を行ったのが始まりで、現在も使用されている石畳の浴槽を造り、湯小屋や宿を建てたと伝えられています。
その名のとおり川の底からお湯が湧き出しており、浴場は源泉の上に建てられているので、源泉そのものが湯船となり、足元から源泉が湧出している珍しい温泉です。

ソース画像を表示

泉質

飲泉時胃腸に対する効能があるとされる。

温泉街

町田川沿いに一軒宿の「旅館蛍川荘」が存在する。玉石を敷き詰めた、足元湧出の混浴大浴場が有名である。

宿の入り口には飲泉場もある。

ソース画像を表示

歴史

開湯は延喜元年である。開湯伝説によれば、菅原道真が刺客を逃れてこの地来た際に発見したという。

現在の旅館は1856年に開業した。大浴場の湯船が作られたのはその時であり、以来そのまま使われている。

ソース画像を表示

アクセス

所在地大分県玖珠郡九重町
交通久大本線豊後森駅よりバスで約30分
泉質単純温泉
泉温(摂氏60 – 67 °C
宿泊施設数1
  • 広告 リブ着圧の高機能レギンスに豊富なカラーバリエーション【ベルシアーリブステッチ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました