喜連川温泉(きつれがわおんせん)は、日本三大美肌の湯

喜連川温泉(きつれがわおんせん)は、栃木県さくら市(旧喜連川町。旧国下野国)にある温泉

ソース画像を表示

泉質

その泉質は中央温泉研究所と藤田聡によって「日本三大美肌の湯」に選ばれている(残り2つは斐乃上温泉嬉野温泉)。

ソース画像を表示

温泉街

喜連川城跡を中心に、温泉施設が点在している。もとは丘陵地帯に位置する農村のため、観光客目当ての旅館街や歓楽街は形成されていない。「喜連川少年院」にも温泉が供給されているという。

温泉設備を備えた宿泊施設は以下4軒ある(2010年12月現在)。ホテルベルセルバ・喜連川CCは会員制ゴルフ場のゲストハウスとして建設された施設であるが、一般にも開放されるようになった。

  • かんぽの宿栃木喜連川温泉
  • ホテルベルセルバ
  • きつれがわ温泉さくら館
  • 喜連川カントリークラブ

日帰り入浴施設は以下4軒ある(早乙女温泉を除く)。「きつれがわ」は最初の温泉併設の道の駅である。温泉スタンドも存在する。

  • 第一温泉浴場 もとゆ
  • 老人福祉センター「喜連川城」
  • 第二温泉浴場 露天風呂
  • 道の駅きつれがわ総合交流ターミナル「荒川の湯」「内川の湯」

「喜連川早乙女温泉」は氏家地区に近く、源泉が集中する喜連川地区中心部とは距離が離れており、泉質も異なるため、独立した温泉として扱うことがある(詳細は早乙女温泉参照)。

湧出後の1990年代に東日本旅客鉄道の新規事業(現在は生活サービス事業に組み入れられている)として、温泉がパイプラインで各戸に供給される分譲住宅地フィオーレ喜連川」と「びゅうフォレスト喜連川」が開発・分譲販売された。ただし配水過程で水温が低下するため、各戸での給湯器の追い炊きなどによる加温が必要になる。このことは2005年以降、びゅうフォレスト喜連川の販売広告に目立つように記載されている。

ソース画像を表示

宇都宮と那須塩原の間に位置する、超~~~~濃厚な硫黄の湯

「宇都宮へ餃子を食べに行く」「那須塩原の温泉旅館でゆっくり過ごす」……。年末年始にそんな旅行を計画している方に、ぜひ知ってもらいたいのが「喜連川早乙女(きつれがわそうとめ)温泉」です。宇都宮と那須塩原の間、さくら市にある日帰り入浴施設で、泉質の個性がもうスゴイ。栃木まで行ってこの温泉に浸からないのは、もったいないです。マジです。
1~2年で機械類が故障してしまうほど、成分が濃い早乙女温泉。半露天の浴室は、重くて鈍い硫黄のにおいでいっぱいです。シャワー・蛇口でも惜しみなく温泉が使われており、湯船は圧巻のザッバザバかけ流し。さっぱりはじける浴感で、成分がガツンと体に染みるパワフルさが素晴らしい。不思議なことに、朝はエメラルドグリーン、夜は乳白色にお湯の色が変化します。一説によれば、硫黄の成分が空気に触れて酸化すると白くなるので、長く空気に触れている夜は乳白色のお湯に変化するのだとか。強烈な個性を持つ泉質に、ぜひ驚いてください。

ソース画像を表示

アクセス

鉄道でJR宇都宮線東北本線氏家駅まで乗車、氏家駅東口より市営の観光温泉路線バス(無料)が運行されている。第一温泉浴場もとゆ、第二温泉浴場露天風呂、道の駅きつれがわを巡回する。

日本三大美肌の湯と呼ばれる温泉のお肌への効果とは?

お肌をすべすべにしてくれる日本三大美肌の湯はどこにある?

温泉に入れば筋肉痛やリウマチなどの体の調子がよくなることに加えて、入ればお肌すべすべきれいになると謳っている温泉も数多くあります。

そんなすべすべになる中でも、特にお肌がきれいになるとされているのが島根県「斐乃上温泉」佐賀県「嬉野温泉」栃木県「喜連川温泉」の「日本三大美肌の湯」です。
(日本三大美人の湯は「川中温泉(群馬)」「龍神温泉(和歌山)」「湯の川温泉(島根)」と、別にあります。)

それぞれ泉質は
島根県「斐乃上温泉」:「アルカリ性単純温泉」
佐賀県「嬉野温泉」:「弱アルカリ・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉」
栃木県「喜連川温泉」:「ナトリウム-塩化物泉」
となっています。

日本三大美肌の湯とモンモリロナイトの特徴の共通点は?

3か所の泉質は似たところがあるものの、別の特徴を持っていました。
しかし3つの温泉には一つだけ「アルカリ性」という共通点があります。

そしてお肌をスベスベにするモンモリロナイトもアルカリ性。他にも温泉に似た美肌の要素がモンモリロナイトにはたっぷり詰まっています。

所在地栃木県さくら市喜連川5296-1
交通鉄道:東北本線氏家駅よりバスで約25分
泉質塩化物泉
泉温(摂氏50 °C
湧出量毎分268L
宿泊施設数2

コメント

タイトルとURLをコピーしました