氷見温泉郷(ひみおんせんきょう)は、富山県氷見市(旧国越中国)内各地に所在する温泉の総称

氷見温泉郷(ひみおんせんきょう)は、富山県氷見市(旧国越中国)内各地に所在する温泉の総称(温泉郷)。氷見市および氷見市観光協会では、能登半島国定公園 氷見温泉郷、他県の観光案内では、氷見温泉と呼ばれていることが多い。

なお、後者の呼称である氷見温泉は、温泉郷の一部に配湯している株式会社の名称でもある。

ソース画像を表示

温泉概要

以上、8つの温泉で構成されている。50℃前後の源泉温度、pH値7.0の中性温泉で、約1,500年前の化石塩水泉が特徴の温泉である。

ソース画像を表示

ホテル・旅館・民宿

氷見市内の沿岸北部に旅館・民宿が20軒存在する。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

氷見の魅力を凝縮した湯と食のテーマパーク

氷見市の魅力・楽しさ・感動を凝縮したテーマパークともいえる「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」に付帯する湯処。炭酸風呂や寝湯など6種類の湯船がそろい、ひみ番屋街には足湯もある。

氷見温泉郷 総湯は富山県内13位の人気の高い温泉です。

  • 広告 セルフエステLALAESTHE【ララアーシャ】
ソース画像を表示

歴史

サイト『温泉の歴史ジャパン』内『氷見温泉郷』のページでは、1989年開湯と記載されている。

2003年2月18日 – 氷見市内の民宿経営者24施設が夏を目処に共同出資による組合を設立・参加を希望し、タンクローリーで民宿に配湯する計画があることを発表した。

アクセス

自動車では高岡市から国道160号を北上し約15㎞、鉄道では氷見駅から灘浦海岸行きバスに乗車し、阿尾の浦温泉下車徒歩約2分。

ソース画像を表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました