十津川温泉(とつかわおんせん)は、奈良県吉野郡十津川村平谷(旧国大和国)にある温泉

十津川温泉(とつかわおんせん)は、奈良県吉野郡十津川村平谷(旧国大和国)にある温泉

ソース画像を表示

泉質

温泉街

二津野ダムの湖畔に6軒の旅館と2軒の温泉民宿などが点在する。共同浴場は2軒、日帰り入浴施設は1軒存在する。

温泉地は日本百名湯にも選ばれている。

ソース画像を表示

歴史

源泉の発見は元禄年間(1688年 – 1704年)である。上湯川沿いに源泉はあり、上湯温泉に対して下湯と呼ばれていた。1974年にダム湖が出来た際に、湖畔の平谷地区まで源泉を引湯し、温泉街を形成した。

1985年昭和60年)3月19日湯泉地温泉上湯温泉とともに「十津川温泉郷」として国民保養温泉地に指定された。

2004年(平成16年)6月28日、十津川村役場が、村内の温泉の「100%源泉掛け流し宣言」を発表した。

2019年(令和元年)6月7日和歌山県道・奈良県道735号龍神十津川線の斜面崩落の影響で温泉水を供給するパイプが破壊され、6月14日に復旧するまで湯の供給が停止した。

ソース画像を表示

奈良県十津川村に湧く「十津川温泉郷」。十津川温泉、湯泉地温泉、上湯温泉の3つの温泉からなる温泉郷で、すべての温泉施設が全国で初めて「源泉100%かけ流し」を宣言。周辺には、瀞峡や笹の滝、玉置神社などの見所も多く、上質なお湯と美しい自然が楽しめる人気の温泉郷です。そんな十津川温泉郷には、日帰り入浴を楽しめる旅館や施設も充実しています。

ソース画像を表示

アクセス

所在地奈良県吉野郡十津川村平谷
交通車:五條市新宮市から国道168号
バス:近鉄大和八木駅JR五条駅、JR新宮駅より奈良交通(八木新宮線、十津川線) – 「十津川温泉」停留所
泉質ナトリウム – 炭酸水素塩泉
泉温(摂氏78 °C
液性の分類中性
宿泊施設数8

コメント

タイトルとURLをコピーしました