下田温泉(しもだおんせん)は、熊本県天草市にある温泉

下田温泉(しもだおんせん)は、熊本県天草市(旧国肥後国)にある温泉

ソース画像を表示

熊本県の下田温泉の宿「湯の郷くれよん」は、満点の星空を眺めながら、源泉かけ流しの露天風呂を楽しめます♪ 天草の新鮮な魚介類も味わえるので、ぜひ一度利用してみてくださいね! 

ソース画像を表示

天草諸島の下島にあり、美しい夕陽を眺めながら東シナ海が一望できる下田温泉。700年前、この地で一羽の白鷺が傷を癒したことが起源とされています。源泉の温度は51℃です。湯船に注がれる時点では40〜42℃になっているので、加水・加温、循環をしない天然温泉が楽しめます。
足を伸ばせば五和町のイルカウォッチングや、世界文化遺産の﨑津集落の散策などができ、観光と合わせた滞在も人気のエリアです。環境大臣が指定する国民保養温泉地にも選ばれています。

泉質

  • 塩化物泉

温泉街

下津深江川の河口近くに温泉街が広がる。旅館などが12軒存在しており、共同浴場は「白鷺館」の1軒だが、設備的には日帰り入浴施設に近い。

ソース画像を表示

歴史

開湯は740年前とされる。開湯伝説によれば、白鷺が傷を癒しているところを発見したとされる。白鷺に因む開湯伝説を持つ温泉地は、他にも下呂温泉湯田川温泉湯来温泉などがある。

昭和38年4月23日 – 厚生省告示第203号により天草下田温泉として国民保養温泉地に登録。

ソース画像を表示

明治40年に天草を訪れた五人の詩人「五足の靴」にちなんで「下田温泉五足の湯」と名づけられている。
 お湯の温度はおよそ42度で、足を浸して30分もすると体中から汗が吹き出るほど温まる。どなたでも無料で利用できる。

アクセス

所在地熊本県天草市
交通鉄道 : 鹿児島本線熊本駅より九州産交バス快速バス)で本渡バスセンター乗換、約3時間
泉質塩化物泉
宿泊施設数12

コメント

タイトルとURLをコピーしました