鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市鬼怒川上流域にある温泉

箱根熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれ、年間200万人以上の宿泊客で賑わう。

ソース画像を表示

泉質

火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。総源泉数32、毎分3573リットルの湯量を誇る。

ソース画像を表示

歴史

古くは滝温泉という名前で、1691年に沼尾重兵衛が鬼怒川右岸で源泉を発見されたとされる。1751年から日光奉行の支配となったことから、日光詣帰りの諸大名僧侶達のみが利用可能な温泉であった。

明治時代になって滝温泉が一般に開放され、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見された。その後、上流に水力発電所ができて鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、1927年昭和2年)に、滝温泉と藤原温泉を合わせて鬼怒川温泉と呼ぶようになり、その名称は今日までいたっている。この頃から旅館・ホテルが開業を始め、1929年の下野電気鉄道(現・東武鬼怒川線)の開通もきっかけとなり、次第に温泉として発展していった。

戦後は特急「きぬ」の運行などもあり、東京から観光客が押し寄せて日本有数の大型温泉地としての発展を見せた。

1976年(昭和51年)4月3日、ホテル白河の別館から火災。旅館2棟が全焼するも、宿泊客が少ない午後2時という時間帯であり負傷者1人を出したのみ。

2015年平成27年)9月9日、関東地方に記録的な集中豪雨。鬼怒川が氾濫して河畔に建つ鬼怒川プラザホテルの露天風呂などが崩壊。

ソース画像を表示

温泉街

鬼怒川沿いに約40軒のホテル旅館の他、リゾートマンションや企業の保養所などが連なり、市営の公共浴場や足湯の他、民間の入浴施設も多数ある。鬼怒川温泉駅周辺には、コンビニエンスストア、みやげ物店、レストラン、売店、カフェ、料理店、そば店、中華料理店、足湯、旅館観光案内所、ツーリストセンター、レンタカー、全天候型プール&スパ、銀行、郵便局などが並ぶ。外国人の観光客も多い。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

温泉で有名な鬼怒川ですが、自然や動物、レジャーなどの魅力もたくさんあります。思いっきり遊んだ後に入る温泉は、また格別ですよ。ぜひ鬼怒川の魅力を存分に満喫してください。

交通

所在地栃木県日光市
座標北緯36度49分29.3秒 東経139度42分58.7秒
交通鉄道 – 東武鉄道 鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅
自動車 – 日光宇都宮道路 今市ICより約30分。
泉質単純泉
液性の分類アルカリ性

コメント

タイトルとURLをコピーしました