鳥取温泉(とっとりおんせん)は、鳥取県鳥取市にある温泉

鳥取温泉(とっとりおんせん)は、鳥取県鳥取市にある温泉鳥取駅に近い市街地中心部にある温泉で、珍しい県庁所在地の市街地に湧く温泉である。

ソース画像を表示

泉質

新泉質表記では硫酸塩泉(ナトリウム – 硫酸塩・塩化物泉)。旧泉質表記では含芒硝食塩泉ないし含食塩芒硝泉である。 湧出温度は48℃である。

源泉は地下20~50mの砂礫層や礫岩層から動力で汲み上げている。

温泉街

鳥取市の中心部の市街地に温泉が湧出している。湯田温泉(山口市)などと並び、県庁所在地の繁華街に存在する温泉である。旅館は線路の北側に3軒、南側にも1軒存在する。

ソース画像を表示

歴史

1897年(明治30年)に温泉が発見され、吉方温泉と命名された。ついで1904年(明治37年)に飲料水の井戸を掘削している時に発見された。

温泉が出たのは当時の鳥取市吉方町で、その後に末広町、寺町でも温泉が湧いた。温泉周辺は1960年(昭和35年)に「鳥取市吉方温泉町」という住所が新設された。さらに1969年(昭和44年)には、永楽通り周辺に「鳥取市永楽温泉町」、末広通り周辺に「鳥取市末広温泉町」という住所が新設された。源泉は30以上開発され、温泉や料亭など、鳥取駅前の一帯に温泉街が形成されるに至った。

ソース画像を表示

動静

鳥取県が入湯税を基に算出した調査に拠れば、鳥取温泉の年間利用者は毎年7万人から8万人で推移している。その数は2006年(平成18年)をピークに近年はやや減少傾向がみられるものの、1998年(平成10年)と比較すると増えている。鳥取県全体の温泉利用客数は1998年以来右肩下がりにあり、1998年から2010年で25%の減少だが、鳥取温泉に限ると17%増である。

1997年以前の温泉利用客数は計算方法が全く異なっており、各自治体の申告に基づく推計値である。これによると、1997年(平成9年)の鳥取温泉の利用客数は年間45万人で、バブル景気の頃にはピークを迎え、1989年(平成元年)には年間69万人が利用したことになっている。

アクセス

ソース画像を表示
所在地鳥取県鳥取市
交通鉄道:山陰本線鳥取駅より徒歩5分
泉質硫酸塩泉(ナトリウム – 硫酸塩・塩化物泉)塩化物泉
泉温(摂氏48
湧出量毎分1400リットル
pH6.8-7.4(中性泉)
年間浴客数76,474
統計年2017

コメント

タイトルとURLをコピーしました