笹戸温泉(ささどおんせん)は、愛知県豊田市笹戸町にある山間部の温泉

  • 広告

笹戸温泉(ささどおんせん)は、愛知県豊田市笹戸町にある山間部の温泉

ソース画像を表示

概要

小渡温泉などとともに奥矢作温泉郷と一括りにされることがあるが、その中枢を担う。

県下最古の湯を謳っているが、室町時代の開湯であり、1200年以上前から湧出していたと伝わる湯谷温泉三谷温泉などと比較すると新しい。

ソース画像を表示

泉質

  • 低張性アルカリ性冷鉱泉

効能

神経痛、皮膚病、関節痛、婦人病など。

主な注意点:効能は万人に対してその効果を保証するものではない。

ソース画像を表示

旭町の西部に位置し、矢作川上流の河畔に湧出する県下最古の温泉が笹戸温泉。その歴史は室町時代に遡り、600年もの月日を刻んでいる。また古くから湯治場として知られており、昔と同様手つかずの自然に囲まれ、閑静な温泉地の雰囲気が保たれています。以前は湯治を目的とする年配の客多かったが、最近は精神的な療養効果も見直されてきており、日常のストレスで疲れた心を癒す若い女性のグループも増えている。温泉の泉質は単純硫黄泉(常温摂氏19.1度)。温泉の効能は皮膚病、神経痛、リュウマチ、婦人病など。温泉の湧出量は毎分20リットル。

ソース画像を表示

温泉街

奥矢作峡と呼ばれる矢作川上流の東岸にひっそりと湧く湯治、保養向けの温泉地。2020年現在、「勇屋別館」、「清山荘」、「寿楽荘」の3軒の旅館が存在。一帯は愛知高原国定公園に指定されており、雄大な自然が広がる。矢作川では川釣りを楽しめるほか、観光用の鮎がある。

歴史

室町時代の開湯と伝わり、600年余の歴史がある。三河の奥座敷と呼ばれることもあるが、交通アクセスが脆弱なことから、現在も鄙びた昔ながらの温泉宿が数多く残っている。2020年に、中心的旅館だった「紫翠閣とうふや」がコロナの影響により倒産した。

ソース画像を表示

アクセス

路線バス

自動車

コメント

タイトルとURLをコピーしました