白峰温泉(しらみねおんせん)は、石川県白山市にある温泉

  • 広告

白峰温泉(しらみねおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉

ソース画像を表示

泉質

  • 純重曹泉。全国に4ヶ所しかない珍しい泉質といわれている。湯ざわりは滑らかで俗に「絹肌の湯」と呼ばれる。

温泉街

桑島地区・白峰地区などに10軒前後の宿泊施設と3軒の日帰り入浴専門施設がある。 旅館の中には浴室に温泉を引湯していないところもあり、希望者に近隣の総湯の無料券を発行し案内するところもある。 日帰り入浴専門の施設は以下の3施設。

  • 桑島温泉総湯(桑島)

廃業したホテルを改装して造られた。地元民にはホテルの名をとって「蛍月(けいげつ)」とも呼ばれる。

  • 白峰温泉総湯(白峰)

街の中央に位置する共同浴場。2008年11月9日に木造2階建て一部鉄筋コンクリート造の新館がオープンした。地域交流センターの機能も兼ねている。総湯前は毎年7月に行われる白山まつりのメイン会場でもある。

  • ふるさと交流センター白山天望の湯(風嵐)

白山まるごと体験村内。白山国立公園センターと同居。付近には、自然体験村「緑の村」、白山砂防科学館などがある。

この他、フィジック白峰内に温泉館「スプラッシュ」があったが、現在は営業していない。

ソース画像を表示

歴史

昭和53年開湯。

アクセス

バス

  • 金沢駅から加賀白山バス「白峰」(白山体験村)行き乗車。約1時間40分。
    • 桑島温泉総湯・ホテル八鵬は「桑島温泉」バス停下車。
    • 白山天望の湯、御前荘は「白山体験村」バス停下車。
    • その他の施設は「白峰」バス停下車。

ソース画像を表示
所在地石川県白山市
交通詳しくはアクセスの項を参照のこと
泉質純重曹泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました