三重城温泉海人の湯・島人の湯

  • 広告

今から約800万年前の化石海水が、地熱で温められて湧き出た温泉が「三重城温泉海人の湯・島人の湯」。太古の恵みが含まれている源泉かけ流しで、塩分が汗の蒸発を防いで肌を保護するため、冷え性の方にも良い。また肌もツルツルになり、まさに一石二鳥の働きをしてくれる。なお海人の湯に関しては沖縄らしさをあしらった新琉球スタイル。沖縄では数少ない天然温泉で、屋内には広い内湯があり男湯がドライサウナ、女湯はスチームサウナを完備。オープンエアのガーデンテラスには、海風にあたりながら入浴ができる露天風呂もある。休憩可能なデッキチェアーも完備。温泉の泉質は含ヨウ素ナトリウム、塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性皮膚病etc。

ソース画像を表示

沖縄では希少な天然温泉

ロワジールホテル 那覇の三重城温泉 島人の湯は、沖縄では数少ない天然温泉。平成元年の11月に試掘に成功しオープンしました。

地下800メートルから湯温40.9度の温泉が自噴しており、泉質は、含ヨウ素ナトリウム、塩化物泉。約800万年前の化石海水が地熱で温められたものであり、本土に多い火山性の温泉とは成分が全く異なります。化石海水であるため塩分を含み、なめるとしょっぱいのが特徴で、一般的には食塩泉と呼ばれる場合もあります。火山性の温泉とは異なり、無臭であり通常の入浴気分でご利用いただけます。

入浴後は、肌に付着した塩分が汗の蒸発を防ぎ、保温効果が期待できる。女性にやさしい『あたたまる温泉』と親しまれております。
沖縄の海から生まれた天然温泉の恵みを、心と身体に取り込んでリラックスタイムをお楽しみください。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

【開湯日】

 平成元年(1989年)

【温泉の泉質】

  含ヨウ素ナトリウム、塩化物泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   40.9度     7.3の中性 

三重城温泉海人の湯・島人の湯 アクセス

 
⚫️那覇空港➡ゆいレール➡旭橋駅➡タクシー➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️那覇空港➡ゆいレール➡旭橋駅➡タクシー➡旭橋交差点➡東町方面➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️沖縄都市➡ゆいレール➡旭橋駅➡タクシー約2分➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️那覇空港➡車orタクシー➡うみそらトンネル経由➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️那覇空港➡うみそらトンネル➡西海岸道経由➡約7分➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️那覇空港➡ゆいレール➡首里行➡約11分➡旭橋駅➡三重城温泉海人の湯・島人の湯
⚫️那覇空港➡R332➡R331➡R390経由➡5km➡三重城温泉海人の湯・島人の湯

三重城温泉海人の湯・島人の湯 近くの観光スポット【三重城(ミーグスク)】

三重城(ミーグスク)は、琉球王朝時代に築かれた那覇市にある史跡で、ミーグスクとは新城を意味している。かつて中国大陸沿岸や朝鮮半島やで活動した海賊や倭寇から那覇港を防衛するための砦であった。また人々にとって港から旅立つ人の無事や帰国した人の無事を感謝する場所として親しまれていた。現在、三重城跡は先端部分を残すのみで埋め立てられ、石段を登った先にある拝所からは那覇港から出発する船や那覇空港から発着する飛行機を見ることができる。三重城は海の穴場など絶景スポットでもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました