霧島神宮温泉(きりしまじんぐうおんせん)

  • 広告

霧島神宮温泉(きりしまじんぐうおんせん)は、鹿児島県霧島市(旧大隅国)の霧島神宮周辺にある温泉地。

泉質

  • 単純温泉および硫化水素泉

温泉地

霧島神宮を中心として、霧島山新燃岳中腹から霧島川に沿って霧島神宮駅に至る南北約8kmの範囲に、旅館およびリゾート、遊戯などの温泉施設が点在している。

ソース画像を表示

神話のふるさと霧島神宮周辺に広がる霧島神宮温泉。一帯は天孫降臨伝説にまつわる霧島連山の懐で、独特の神秘的な雰囲気を醸し出している。昭和初期に、約5km離れた霧島山新燃岳中腹の湯之野温泉から源泉を引き湯をしていたが、昭和36年(1961年)に新たな温泉源の掘削に成功し、98度の温泉が得られてから開発が進んだ。霧島温泉郷は大小8つの温泉からなり、いずれも標高600mから850mの間に位置し、湯の花を大量に含んだ白濁した湯など様々な泉質があり、あらゆる症状に効果がある。湯懇々と湧き出る温泉を贅沢に使った掛け流しの湯も多く点在。この温泉郷は霧島神宮を中心に高千穂河原、門前町、駅周辺に広がる、温泉の総称して霧島神宮温泉と呼んでいる。温泉の泉質は単純泉、単純硫化水素泉。泉温60度。温泉の効能はリウマチ、神経痛、筋肉痛、疲労回復など。

ソース画像を表示

歴史

昭和初期、東襲山村(その後の霧島町)において霧島神宮への参詣客のために温泉を望む声があり、神宮から約5km離れた霧島山新燃岳中腹にある湯之野温泉から引湯することによって実現した。但し、湯之野温泉は噴気が盛んな温泉ではあるが、もともと住民のための小さな浴場があったのみで現在はなくなっており、泉源のみ霧島神宮温泉によって利用されている。

昭和34年5月4日霧島温泉郷とともに国民保養温泉地に指定された。

1961年(昭和36年)に新たな温泉源の掘削に成功し98℃の温泉が得られてから開発が進んだ。

アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示
所在地鹿児島県霧島市
交通日豊本線霧島神宮駅よりバスで約15分
泉質単純温泉、硫化水素泉
泉温(摂氏3000トン(/日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました