黒羽温泉(くろばねおんせん)

  • 広告

黒羽温泉(くろばねおんせん)五峰の湯は、栃木県大田原市黒羽地区(旧黒羽町)(旧下野国)にある大田原市営の温泉。五峰の湯の名前の由来は、那須岳大佐飛山高原山女峰山男体山の五峰(ごほう)が一望できることに由来する。

ソース画像を表示

泉質

  • アルカリ性単純温泉

効能

  • 神経痛・筋肉痛・運動麻痺・うちみ・くじき・関節痛・関節のこわばり・五十肩・慢性消化器病・痔・冷え症など
  • 肌触りがよく皮膚に良いことから「美人の湯」と呼ばれている。

※注 : 効能はその効果を万人に保証するものではない

ソース画像を表示

温泉街

内湯の他に露天風呂サウナ有り。黒羽総合交流ターミナルセンターに黒羽温泉五峰の湯はあり、近くにはプールアスレチック陸上競技場などを備えた総合運動場の他に宿泊施設もある。

歴史

1998年開湯。2004年4月より第2源泉を使用開始。

ソース画像を表示

アクセス

所在地栃木県大田原市黒羽
交通鉄道 : 宇都宮線西那須野駅より市営バスで約70分
車 : 東北自動車道西那須野塩原インターチェンジより40分、那須インターチェンジより約30分
泉質単純温泉
泉温(摂氏36.5 °C
pH9.9
液性の分類アルカリ性

コメント

タイトルとURLをコピーしました