博多温泉(はかたおんせん)

博多温泉(はかたおんせん)は、福岡県福岡市南区(旧国筑前国)にある温泉

ソース画像を表示

天神や中洲そして博多より、6kmと市内中心に位置する博多温泉。那珂川河畔に十数本の源泉を有し、大変珍しい都市型高温多量泉として完全掛け流しを実現。昭和42年(1967年)に深さ101mを掘削し、現在では45℃、1日144屯の温度と湯量は湧出している。博多湾に浮かぶ志賀島(陸つづきの島)にある休暇村志賀島内に湧く温泉で、館内には内湯や展望露天風呂は男女各1つ、ジャグジーは男女各2つ完備。温泉は源泉100%掛け流しで、さらりとした塩化物泉で美肌効果があり、飲むと胃腸にも良い。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉。温泉の効能は切傷、火傷、慢性皮膚病。慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、打身、痔疾・冷性etc。

ソース画像を表示

泉質

温泉街

那珂川沿いの住宅街の中に「富士の苑」と「清水園」という2軒の旅館がある。いわゆる温泉地としての雰囲気は少ない。

共同浴場は1軒、「元湯」が存在する。他にも日帰り入浴施設が1軒存在する。

ソース画像を表示

歴史

開湯は1967年昭和42年)である。温度が高い井戸を更にボーリングして源泉が発見された。

その後複数本の源泉が開発された。

アクセス

ソース画像を表示
所在地福岡県福岡市南区
交通西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩で約15分
泉質塩化物泉
泉温(摂氏44 °C
宿泊施設数2

コメント

タイトルとURLをコピーしました