塩津温泉(しおつおんせん)

塩津温泉(しおつおんせん)は、愛知県北設楽郡設楽町清崎にある温泉

ソース画像を表示

泉質

  • 重曹泉:ナトリウム(炭酸水素塩・塩化物泉)。
    • 泉温:13.1℃(浴用加熱)。
    • 効能:神経痛皮膚病など。
    • トロトロとした質感が特徴。

温泉街

寒狭川の支流である野々瀬川(塩津川)に沿って2軒の旅館が存在する。山間の集落にあり、付近には山稜上を東海自然歩道が通過する鞍掛山岩古谷山などがある。これらの山への登山の拠点宿として用いられることも多い。アユアマゴの渓流釣りや紅葉が楽しめる。

ソース画像を表示

歴史

古くから湯治場として利用されてきたが、その起源は不明である。昭和2年(1927年)に一軒宿「秀山荘」が営業を開始し、主に林業従事者、農閑期の農民の湯治客を相手としてきた。第二次世界大戦後、新たに数軒の旅館が増え、客層も湯治客から観光客に変化していった。愛知県道433号和市清崎線沿いに設置された「塩津温泉郷」の看板には、4軒の旅館名と電話番号が記されているが、2018年現在は「秀山荘」「芳泉荘」の2軒が営業している。

アクセス

所在地愛知県北設楽郡設楽町清崎
座標北緯35度04分32.9秒 東経137度34分33.5秒
交通JR飯田線 本長篠駅下車から豊鉄バス「田口」バス停下車・タクシー乗り換え。
泉質重曹泉:ナトリウム(炭酸水素塩・塩化物泉)。
泉温(摂氏13.1 °C
宿泊施設数2

コメント

タイトルとURLをコピーしました