中京温泉(ちゅうきょうおんせん)

中京温泉(ちゅうきょうおんせん)は、愛知県名古屋市中村区日吉町にある温泉。

ソース画像を表示

江戸時代から続いた大須の旭遊郭は、火災、風紀の問題で廃止され大正12年中村区の大門地区に移転、中村遊郭として生まれ変わり、昭和33年まで日本三大遊郭のひとつとして繁栄しました。
中村日赤の東側一帯の大門地区は、現時も当時の遊郭の面影を残す和風建築が残っており、その建物をそのまま利用した料亭や旅館が営業しています。
大観荘も玄関の唐破風や2階の連子窓、手摺など遊郭建築の特徴を残す建物でしたが、残念ながら取り壊されました。

概要

中村遊廓廃業後、当地の旅館が開発し、温泉旅館として再起を図ったもの。

泉質は含メタ珪酸泉16度から23度の冷泉。浴用には加熱を施している。

所在地

  • 愛知県名古屋市中村区日吉町

コメント

タイトルとURLをコピーしました