2024-05

小浜温泉(おばまおんせん)

小浜温泉(おばまおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町にある温泉

小浜温泉(おばまおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町にある温泉。島原半島の西側、雲仙国立公園の西麓に位置し、橘湾に臨む風光明媚な温泉地でリウマチ・神経痛に効果のある高温で湯量の豊富な温泉として昔から多くの人に親しまれており、『湧出量×湯温』で求められる放熱量が日本一といわれている。
武雄温泉(たけおおんせん)

武雄温泉(たけおおんせん)は、佐賀県武雄市(旧国肥前国)にある温泉

武雄温泉楼門は、新館と共に国の重要文化財に指定されており、温泉街のシンボルである。 両者とも1914年(大正3年)4月12日に完成祝賀会が開かれた辰野金吾の設計によるものである。 門を入ると、資料館である武雄温泉新館と後述する共同浴場及び貸切風呂がある
筑後川温泉(ちくごがわおんせん)

筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は、福岡県うきは市(旧浮羽郡浮羽町、旧国筑後国)にある温泉

筑後川温泉(ちくごがわおんせん)は、福岡県うきは市(旧浮羽郡浮羽町、旧国筑後国)にある温泉。開湯は1955年(昭和30年)である。川の水がぬるい場所があったことから、ボーリングを実施して温泉を掘り当てた。開湯から13年後の1968年(昭和43年)11月19日には、国民保養温泉地に指定されている。
土佐龍温泉(とさりゅうおんせん)

土佐龍温泉(とさりゅうおんせん)は、高知県土佐市宇佐町にある温泉

土佐龍温泉(とさりゅうおんせん)は、高知県土佐市宇佐町にある温泉。宿泊施設敷地内に源泉井戸があり、地中1,700mから汲み上げられている。宿泊施設には、露天風呂付き大浴場及び源泉引き込みの離れがあり、無料開放の足湯も整備されている。
道後温泉(どうごおんせん)

道後温泉(どうごおんせん)は、四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉

道後温泉(どうごおんせん)は、四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一つといわれる。その存在は古代から知られ、万葉集巻一にも見える。なおかつてはこの周辺が温泉郡(おんせんぐん)(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。
新祖谷温泉(しんいやおんせん)

新祖谷温泉(しんいやおんせん)は、徳島県三好市西祖谷山村善徳(旧国阿波国)にある温泉

新祖谷温泉(しんいやおんせん)は、徳島県三好市西祖谷山村善徳(旧国阿波国)にある温泉。一軒宿は数多くの風呂を有しており、また露天風呂へは専用のケーブルカーを用いてアクセスすることが名物となっている。
小豆島温泉オリビアンの湯

小豆島温泉(しょうどしまおんせん)は香川県の小豆島に湧出する温泉・その1・小豆島温泉オリビアンの湯

小豆島温泉(しょうどしまおんせん)は香川県の小豆島に湧出する温泉の総称。源泉により、小豆島温泉オリビアンの湯、小豆島温泉塩の湯、オリーブ温泉、サン・オリーブ温泉、湯元オリーブ温泉、里枝温泉と名づけられている。 小豆島温泉オリビアンの湯 オリ...
長門湯本温泉(ながと ゆもと おんせん)

長門湯本温泉(ながと ゆもと おんせん)は、山口県北部(旧長門国)の長門市に存在する温泉地

長門湯本温泉(ながと ゆもと おんせん)は、山口県北部(旧長門国)の長門市に存在する温泉地である。山口県を代表する温泉とされる「防長四湯」の1つに数えられる。
皆生温泉(かいけおんせん)

皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市にある温泉

弓ヶ浜の皆生海岸に面する東西1,000m、南北400mの狭い範囲に大型ホテルを含む宿泊施設が集積する。その収容規模は約5,000人で、山陰最大級である
玉造温泉(たまつくりおんせん)

玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉

玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。『枕草子』(能因本117段)に「湯はななくり湯、玉造の湯、有馬の湯」とあることから、三名泉の一つに数えられることがある。城崎温泉、皆生温泉、三朝温泉と共に山陰を代表する温泉地である