湯来温泉(ゆきおんせん)は、広島県広島市佐伯区湯来町大字多田(旧国安芸国)にある温泉

湯来温泉(ゆきおんせん)は、広島県広島市佐伯区湯来町大字多田(旧国安芸国)にある温泉。近くの湯の山温泉とともに、湯来・湯の山温泉とも称される。

泉質

温泉街

打尾谷川沿いに温泉街が広がる。国民宿舎「湯来ロッジ」のほか、旅館が1軒存在する。「広島の奥座敷」といわれている。かつて共同浴場が存在したが、2000年に閉鎖。しかし、2019年に貸切の露天風呂としてリニューアルされている。湯の温度は低く、浴用に加熱している。温泉街のある湯来町の名物は山ふぐというコンニャク料理で、温泉街の旅館でも楽しむことが出来る。

歴史

開湯は1500年前(大同年間)とされる。開湯伝説によれば、白鷺が傷を癒しているところを発見したとされる。白鷺にまつわる開湯伝説がある温泉地は、他にも下呂温泉湯田川温泉下田温泉湯郷温泉などがある。慶長年間(1596年 – 1615年)には、芸陽唯一の温泉場として賑わった。江戸期には、「多田村温泉」とも呼ばれた。

  • 1950年、開発により「温泉開き」が行われ、「広島湯来温泉」と命名される。
  • 1955年7月4日国民保養温泉地に指定。
  • 1972年7月29日湯の山温泉が追加指定され、「湯来・湯の山温泉」として国民保養温泉地に指定。
  • 1991年7月18日、「湯来・湯の山温泉」が国民保健温泉地に指定。
  • 2009年11月、広島市国民宿舎「湯来ロッジ」がリニューアルオープン。湯来町の体験型観光の拠点として、「湯来交流体験センター」が併設オープン。
  • 2019年12月、かつての共同浴場が、「湯来温泉湯元貸切露天風呂 誠の桧湯」として、19年ぶりに復活。

アクセス

2011年1月から、冬季の間、「特定非営利活動法人 湯来観光地域づくり公社」によって、広島駅前からマイクロバスが運行されている。

所在地広島県広島市佐伯区湯来町大字多田
座標北緯34度28分23.98秒 東経132度14分22.25秒
交通鉄道:山陽本線五日市駅より広電バスで約70分
泉質放射能泉
泉温(摂氏29.8 °C
宿泊施設数2

外部リンク

タイトルとURLをコピーしました