2022-07

岐阜県の温泉

岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷にある温泉・平湯温泉(ひらゆおんせん)

安房トンネルの開通により松本方面への交通アクセスが大幅に向上し、また上高地及び乗鞍の2観光地のマイカー規制が始まったことにより、平湯温泉の駐車場に自動車を駐車し、ここから頻発されるシャトルバスに乗るという観光ルートが誕生した
神奈川県の温泉

神奈川県足柄下郡箱根町にある温泉・底倉温泉(そこくらおんせん)

底倉温泉(そこくらおんせん)は、神奈川県足柄下郡箱根町(旧相模国)にある温泉。宮ノ下温泉の西隣に位置し、八千代橋から蛇骨川に沿った深い谷にある蛇骨湧泉群を源泉とする。中世の昔から隠れ湯として知られ、江戸時代より痔疾などに効能がある 名湯として箱根七湯のひとつに数えられた
鹿児島県の温泉

鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間にある温泉・屋久島温泉(やくしまおんせん)

湯そのものはサラサラした感じであるが、入浴して肌に触るとまるで石鹸をつけた体に触るようにぬるぬるした感触になる。男女それぞれの大浴場・露天風呂があり、湯船からは東シナ海から太平洋につづく大海原が一望できる。薄暮時の夕日は特に見事で、天候次第では水平線上にトカラ列島の島影を見ることが出来る。
香川県の温泉

香川県の小豆島に湧出する温泉の総称・小豆島温泉(しょうどしまおんせん)

小豆島温泉(しょうどしまおんせん)は香川県の小豆島に湧出する温泉の総称。源泉により、小豆島温泉オリビアンの湯、小豆島温泉塩の湯、オリーブ温泉、サン・オリーブ温泉、湯元オリーブ温泉、里枝温泉と名づけられている。
福井県の温泉

福井県大野市下山にある温泉・九頭竜温泉(くずりゅうおんせん)

荒島岳の麓、国道158号が通る九頭竜川沿いに日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「ホテルフレアール和泉」が1軒存在するが、指定管理者が撤退したため2022年4月1日より休業中。大野市は新たな指定管理者の公募の準備をし、2022年秋ごろの再開を目指すとしている。
沖縄県の温泉

沖縄県宮古島市にある温泉・宮古島温泉(みやこじまおんせん)

癒しの島・宮古島の地下から湧出する源泉は平成18年(2006年)12月にオープン。観光はもちろん療養のため訪れるお客様、地元の方も気軽にご利用できる。宮古島空港から10分ほど行った日帰り施設で楽しめる温泉。内湯、露天風呂の他、家族風呂、足湯、サウナなどが楽しめる
福岡県の温泉

福岡県うきは市にある温泉・吉井温泉(よしいおんせん)

筑後川沿いに温泉街が広がる。筑後川の対岸は原鶴温泉である。旅館などは3軒存在し、こぢんまりとした温泉街となっている。対岸原鶴温泉同様、鵜飼いならびに鮎料理が温泉街の名物となっている。
岡山県の温泉

岡山県県北の真庭市湯原温泉にある温泉・湯原温泉(ゆばらおんせん)

野口冬人による諸国露天風呂番付で西の横綱にランクされた「砂湯」で知られる。また南にある下湯原温泉・足温泉・真賀温泉・郷緑温泉との5つを総称して「湯原温泉郷」とも称される。湯郷温泉、奥津温泉とともに美作三湯と呼ばれている
福島県の温泉

福島県福島市土湯温泉町にある温泉・土湯温泉(つちゆ おんせん)

福島市郊外南西(土湯温泉町地域)の吾妻・安達太良連峰の中腹から峠付近に位置する温泉街。10種類以上の泉質を持ち、伝統工芸品こけし発祥の地として有名である。福島城下町から会津方面へと向かう会津街道(土湯街道)の宿場としての役割を兼ね備えた温泉郷として、1400年以上の歴史を持つる。
大阪府の温泉

大阪府貝塚市木積にある温泉・奥水間温泉(おくみずまおんせん)

奥水間温泉(おくみずまおんせん)は、大阪府貝塚市木積にある温泉。泉州の奥座敷とも呼ばれる。飲泉も可能で、飲むと慢性消火器病、糖尿病、痛風、肝臓病に効果があるという。その効能から「美人の湯」、「奇跡の湯」と呼ばれている。
タイトルとURLをコピーしました