群馬県吾妻郡中之条町四万に所在する温泉・四万温泉(しま おんせん)

四万温泉(しま おんせん、正字体表記:四萬温泉)は、日本の群馬県吾妻郡中之条町四万(近世における上野国吾妻郡四万村、幕藩体制下の上州御料四万村)に所在する温泉である。三国山脈に発して南進する四万川の(吾妻川の支流)上流域に位置する。

名前は「四万(よんまん)の病を癒す霊泉」に由来するとの説があり、鎌倉時代から知られている。古代開湯されたと伝えられている。

湯宿は永禄6年(1565年戦国時代末期)に初めて設けられた。宮城県峩々温泉大分県湯平温泉と共に、胃腸病に効く「日本三大胃腸病の名湯」と呼ばれてきた。上毛かるたでも「世のちり洗う四万温泉」と詠われている。また、四万温泉は古くから「草津の仕上げ湯」と呼ばれてきた。これは、強酸性の草津の湯(草津温泉)で湯治をした後、保湿・美肌効果のある塩化物硫酸塩泉である四万温泉に滞在するのが定番になっていたことに由来する。1954年(昭和29年)には酸ヶ湯青森県)・日光湯元温泉栃木県)と共に国民保養温泉地の第1号に指定されている。

源泉

泉質

  • 硫酸塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)。低張性中性高温泉。
  • トリチウム試験の限界値である50年より昔の湯が湧出している。水源地域(三国山脈)の火山地帯に降った雨水が地下数十キロメートルの深部に浸透してマグマに触れることで温泉成分と熱を得ながら流れ、50年以上経って地表に湧き出している。

備考

  • ひん岩の裂け目から湧出する。
  • 泉温は、43~82°C。70~80°C(四万たむら)。
  • 群馬県の源泉実態調査において、県の源泉台帳に登録されている源泉は 42か所。
  • 湧出形態は、自然湧出が39か所、掘削源泉が3か所で、掘削深度は100~300メートルと浅い。
  • 全体の湧出量は、毎分約3,500リットル。平均pH値は7.7(※2001年度〈平成13年度〉調べ)。

歴史

開湯伝説

開湯伝説は2つあるが、いずれも桓武天皇治世後半の延暦年間(782806年奈良時代末期~平安時代初期)に属する。坂上田村麻呂説桓武天皇の治世 (737806) に征夷大将軍坂上田村麻呂蝦夷征討を行った時、奥州古道(国府街道)を国府─渋川宿─中之条─四万─木根宿─越後国浅貝宿という経路で移動しているが、四万の日向見(ひなたみ)で入浴したと伝えられており、これをもって四万温泉の開湯と考えられている。時期を突き詰めるならば、平安京を出征した延暦20年2月14日801年3月31日)から征討が終了したと考えられる同年9月27日11月6日)までの最初の遠征と、延暦21年1月7日802年2月12日)からアテルイが降伏した同年4月15日5月19日)までの2度目の遠征の、いずれかの間の出来事である。碓井貞光説永延3年(989年、平安時代前期後半)、頼光四天王らいこう してんのう源頼光の四天王)の一人に数えられる碓井貞光うすい の さだみつ)は、越後国(現・新潟県)から木の根峠/木根峠(きのねとうげ)/木根宿峠(きのねしゅくとうげ)を経て生国である上野国(現・群馬県)に入り、当地で夜を明かすことになった。夜もすがら、読経をしていて夢うつつになった夜半の頃、どこからともなく一人の童子が立ち現れて曰く、「汝が読経の誠心に感じて四万(よんまん)の病悩を治する霊泉を授く。我はこの山の神霊なり。」と。然して貞光が目醒めると、神託のとおり湧き出る温泉を見付けたという。係る吉事(よごと)に感じ入った貞光は、この地に一宇のを建立し、自らの守本尊まもりほんぞん)の薬師如来を安置して「日向守貞光寺薬師瑠璃如来(ひゅうがのかみ さだみつじ やくしるりにょらい)」と号し、温泉は「御夢想の湯ごむそうのゆ)」と呼び、地域は神託にちなんで「四万(しまのごう)」と名付けたとのことである。また、貞光が日向であったことから、四万温泉の開湯地とその温泉名を特に「日向見(ひなたみ)」および「日向見温泉」と呼ばれるようにもなった。

開湯以降

湯宿は永禄4年(1563年戦国時代末期)に初めて設けられた。真田昌幸は戦乱で荒廃した道路や橋を復旧し、田村彦左衛門を湯守に任命して湯治場を整備した。

その後、徐々に温泉街が形成されていった。現存最古の湯宿である「積善館(せきぜんかん)」は、元禄4年(1691年江戸時代前期)に開業している。

江戸時代後期に寂れてしまったが、1889年(明治22年)に県道が開通すると、人力車馬車が通るようになって入浴客が増加し、四万温泉は湯治場として賑わうようになった。その後は、時代が変遷するに連れて半自炊・長逗留の湯治客は減少し、短期宿泊型の観光客が多くなっていった。それでも、群馬県の代表的な温泉の中で最後まで大勢の半自炊の湯治客を受け入れ続けたのは四万温泉であった。

四万温泉街

四万温泉街、あるいは、四万温泉郷と呼ばれる。

四万温泉は、新潟群馬県境に広がる三国山脈に発して南へ流れる四万川に沿って、山あいの谷に南北およそ4キロメートルに亘って分布しており、温泉街が点在している。温泉街は、四万川上流から順に「日向見(ひなたみ)」「ゆずりは」「新湯(あらゆ)」「山口」「温泉口」という5つの地区で構成されており、地区ごとに風情が異なる。

慶雲橋の近傍にある新湯横丁広場辺りで群馬県道239号四万温泉線は東へ直角に曲がって進むが、この通りを「落合通り」といい、落合通り商店街が営まれている。この商店街には、民芸店のほか、スマートボールパチンコで遊べて有名人のサインだらけの店として知られる「柳屋遊技場」や、昔ながらの佇まいの飲食店などが建ち並び、昭和レトロの風情を醸し出している。

寸志で入浴可能な共同浴場露天風呂)が3軒存在する。ほかにも、町営の日帰り入浴施設「四万清流の湯」1軒が山口地区にある。「河原の湯」(新湯地区)は、四万温泉街のほぼ中心部にある。「上の湯」(山口地区)は、温泉郷入り口付近に存在し、近くに山口露天風呂も存在していたが、現在は足湯に変更されて公開されている。四万川ダム近くに日帰り入浴施設「四万こしきの湯」があったが、2018年(平成30年)3月31日付で閉鎖された。飲泉所も3箇所存在する。

交通アクセス

鉄道

JR東日本 吾妻線 ■中之条駅を下車し、●関越交通バス路線「四万線」を約40分で、バス停「四万温泉 四万グランドホテル前」(終点)に到着。自動車

関越交通四万温泉号東京駅渋川駅等と、小野上温泉沢渡温泉・四万温泉を直結。通年運行(1日1往復。冬季・春季は増便)。実車距離約182キロメートル。所要時間(見込み)4時間05分。2004年(平成16年)運行開始。●関越交通「伊香保四万温泉号」東京駅・川越駅・渋川駅等と、伊香保温泉および四万温泉を直結。季節運行(冬季・春季のみ)。実車距離約195キロメートル。所要時間(見込み)5時間05分~5時間15分。2015年(平成27年)10月30日運行開始。●関越交通「高崎・伊香保・四万温泉号 八王子線」京王八王子駅・JR八王子駅北口・高崎駅東口と、伊香保温泉および四万温泉を直結。実車距離約178キロメートル。所要時間(見込み)4時間25分。2021年(令和3年)11月1日運行開始。

  • 自家用車

関越自動車道 ■渋川伊香保ICより、国道17号国道353号を経由して約35キロメートル、約55分。

特記事項

四万温泉には、交通信号機、有料駐車場歩道橋ネオンサインコンビニエンスストアファーストフード店、ファミリーレストランが無く、都会の喧騒とは程遠い世界になっている。

所在地 日本 群馬県吾妻郡中之条町
座標北緯36度41分10.2秒 東経138度46分29秒
交通鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:関越交通四万温泉号(通年運行)もしくは伊香保四万温泉号(季節運行)を利用
自家用車:関越自動車道渋川伊香保ICより国道17号国道353号を経由して約60分
泉質硫酸塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)
泉温(摂氏43~82°C
湧出量毎分約3,500リットル
pH平均7.7(2001年度)

コメント

タイトルとURLをコピーしました