富山県黒部市にある温泉・宇奈月温泉(うなづきおんせん)

宇奈月温泉(うなづきおんせん)は、富山県黒部市にある温泉黒部川の電源開発を背景として1923(大正12)年に開湯された温泉地で、黒部川の河岸段丘面(標高約200メートル)に位置する。黒部川の渓谷沿いなどに旅館や保養所が立ち並び、峡谷美を愛でる黒部峡谷鉄道トロッコ観光の拠点でもある。

全国的にも珍しい7kmにも及ぶ引湯管を使った引湯である。

概要

歴史的には黒部峡谷探検や黒部川の電源開発とともに発展してきた温泉地である。黒部峡谷の入口には、ホテル旅館、商店や土産物店が多数立ち並んでいる。富山県内の温泉地では最大規模。富山地方鉄道宇奈月温泉駅前に温泉水を利用した噴水がある。

宇奈月温泉駅から東南に進むと黒部峡谷鉄道宇奈月駅があり、黒部峡谷を訪ねる多くの観光客が利用する。また、反対方向に向かって線路を渡り、商店街を抜けた所にある宇奈月公園には、かつてこの地を訪れたことがある昭和天皇の御製碑や、与謝野鉄幹与謝野晶子宮柊二(みやしゅうじ)らの歌碑がある。

温泉街にはそのほか『おもかげ』『いっぷく』と名付けられた足湯のほか、黒部市宇奈月国際会館「セレネ」、黒部川電気記念館、宇奈月神社などがある。また、右岸道路から峡谷を進むと宇奈月ダム及び資料館「大夢来館(だむこんかん)」が見学でき、さらに橋を渡って宇奈月湖を眺め、尾の沼体験交流施設 とちの湯を利用する事ができる。

「宇奈月」の名称は近代になって付けられたもので、桃原の大地の近くにあった谷の名称から名付けられた。当地を訪れた人が、水の音や風の響きに心も「うなづき」、身も心も清らかになったという伝承が地名の由来で、「宇奈月」の字は、「治や良と並ぶ名の地」にしようという思いから付けられたという。

泉質

  • 単純温泉
  • 源泉の色:無色透明

源泉はすべて黒部川上流にある黒薙温泉からの引湯である(1970年代時点では黒薙のさらに上流の二見からも引湯していた)。源泉段階で摂氏92〜98度と非常に高温であり、湯量が豊富である。浴用として多少水を混ぜて引湯しているため、宇奈月温泉街に到達した時点で摂氏63度となる。

温泉街

ホテル・旅館

民宿

  • 温泉民宿宇えだ
  • 温泉民宿黒流荘(1962年創業)
  • 温泉民宿三日月(1958年創業)
  • プチホテルチャーリーズクラブ

保養所

  • 富山県教職員厚生会宇奈月保養所 ホテル渓仙(2022年3月末日に閉館予定)

総湯

研修所

  • 宇奈月研修センター(外国人研修生集合研修所)

その他の公共施設

など

歴史

前史

この地はかつて「桃原」呼ばれており、音沢村の出作り小屋しか存在しない荒れ地であった。かつては布施山開の桃原開であったが、1889年4月1日町村制施行に伴い、桃原は内山村に所属することになった。

愛本温泉

  • 1915年大正4年) – 富山市の高沢藤吉によって黒薙からの引湯樋設置工事が始められた。
  • 1917年(大正6年) – 内山地区から現在の温泉街の方向にある黒部川左岸の内山地内「荷上」の地に2階建ての旅館と大浴場を備えた「愛本温泉」が営業を開始した。愛本地区でないのになぜ愛本としたのか不明である。
  • 1921年(大正10年) – 台風災害により一部倒壊、死傷者も出て閉湯することになった。
  • 1922年(大正11年) – 建物と温泉の権利は東洋アルミナムの設立した黒部温泉会社に売却された。これが現在の宇奈月温泉の礎である。

アクセス

北陸新幹線 黒部宇奈月温泉駅は駅名に「宇奈月温泉」とあるが温泉からは離れた場所にあり、新幹線駅前にある富山地方鉄道新黒部駅で乗り換え、宇奈月温泉駅まで30分以上かかる。

宇奈月温泉スキー場

南側に宇奈月温泉スキー場がある。温泉街を見渡す宇奈月温泉スキー場の上部に佐々木大樹が原型を作成した平和観音像がある。

所在地富山県黒部市宇奈月温泉
座標北緯36度49分1.5秒 東経137度34分53.5秒
交通鉄道 – 富山地方鉄道本線宇奈月温泉駅
北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅
車 – E8 北陸道黒部IC
泉質単純温泉
泉温(摂氏98 °C
湧出量1日3,000 t
pH8.15
液性の分類弱アルカリ性
浸透圧の分類低張性

コメント

タイトルとURLをコピーしました