宮城県の温泉

宮城県の温泉

鳴子温泉(なるこおんせん)は、宮城県(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)大崎市鳴子温泉にある温泉

鳴子温泉(なるこおんせん)は、宮城県(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)大崎市鳴子温泉にある温泉。福島県の飯坂温泉、宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられた。栗駒国定公園内に位置する。国民保養温泉地
宮城県の温泉

鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)は、宮城県大崎市にある5つの温泉の総称

鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)は、宮城県大崎市(旧陸奥国、明治以降は陸前国)にある5つの温泉の総称(温泉郷)。日本百名湯にも選ばれている。
宮城県の温泉

秋保温泉(あきう おんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元に位置する温泉

秋保温泉(あきう おんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)に位置する温泉である。仙台都心からも近いため、宿泊のみならず、日帰り入浴にも利用されている
宮城県の温泉

青根温泉は、宮城県柴田郡川崎町にある温泉

青根温泉(あおねおんせん)は、宮城県柴田郡川崎町(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉。公衆浴場開湯は1528年である。アオヌキの木の下からお湯が沸いていたことから、青根の名前がついた。