秋田県の温泉

秋田県の温泉

大沼温泉(おおぬまおんせん)

大沼温泉(おおぬまおんせん)は秋田県鹿角市にある温泉。十和田八幡平国立公園内に位置し、八幡平温泉郷のひとつである。
秋田県の温泉

横手駅前温泉(よこてえきまえおんせん)

横手駅前温泉(よこてえきまえおんせん)は、秋田県横手市駅前町にある温泉。その名の通り、横手市の中心駅である横手駅前で湧出している。温泉街はない。横手駅前にホテルが3軒存在する。3軒はいずれも、同グループ系列の姉妹館であり、日帰り入浴は「ゆうゆうプラザ」で受け付けている。
秋田県の温泉

大滝温泉(おおたきおんせん)は、秋田県大館市にある温泉

大滝温泉(おおたきおんせん)は、秋田県大館市(旧国出羽国、明治以降は旧羽後国)にある温泉。また大滝温泉郷には含まれないが、米代川対岸にある秋田労災病院が入院患者向けに独自の温泉を提供している。
秋田県の温泉

大葛温泉(おおくぞおんせん)は、秋田県大館市比内町大葛にある温泉

大葛温泉(おおくぞおんせん)は、秋田県大館市比内町大葛(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。近くに大葛金山がある。共同浴場的な保養施設、「町民浴場」と民宿が2軒ほど存在し、ほかに大葛金山ふるさと館を併設する比内ベニヤマ荘がある。
秋田県の温泉

大釜温泉(おおがまおんせん)は、秋田県仙北市乳頭温泉郷にある温泉

大釜温泉 には、内湯と露天風呂があります。お湯はギシギシとした浴感で、少し刺激を感じます。なめると、レモンのように強烈に酸っぱいです。ピーリング作用があるので、毛穴が引き締り、ピンッと肌が張る感じ。天然保湿成分のメタケイ酸も、たっぷりと含まれています。
秋田県の温泉

あきた白神温泉(あきたしらかみおんせん)は、秋田県山本郡八峰町にある温泉

日本海沿いの土地に、一軒宿の「あきた白神温泉ホテル」が存在する。日帰り入浴可能。ホテルとはいえ、規模は小さい。料理は海と山の幸を使用した食材が提供される。白神山地や日本海沿いの観光拠点として使用されている。
2022.04.24
秋田県の温泉

岩倉温泉(いわくらおんせん)は、秋田県大仙市 にある温泉

JR秋田新幹線秋田駅から約4km、旭川の上流河畔ののどかな山里に湧く岩倉温泉。開湯は、大正末期に石油を採掘しようとボーリングしたところ偶然に温泉が出た。それ以来、変わらなく懇々と湧き続けている。
秋田県の温泉

一本松温泉(いっぽんまつおんせん)は、秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉

一本松温泉にはかつて温泉宿があったが、現在は脱衣所もない完全な野湯になっている。湯船は浅く、2、3人程度が入れる。そのままでは熱すぎるのだが、ホースで沢の水をひき温度を調節して入浴できるようにしている。湯色は透明だが、清掃をしたり人が入ったりすると、底につもっている湯泥が浮き上がり、乳白色に変わる。
2022.02.03
秋田県の温泉

湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉

湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉である。経営者の苗字から杣温泉あるいは小又温泉ともよばれる。杣温泉から引き湯をして、近くの湯の岱地区にも国民宿舎森吉山荘がある。全て源泉かけ流しになっている。
秋田県の温泉

秋の宮温泉郷(あきのみやおんせんきょう)は、秋田県湯沢市にある温泉郷

1952年(昭和27年)6月20日に「秋ノ宮温泉郷」は秋田魁新報社主催の第一回秋田県観光三十景(有効投票約百九十五万票)で第4位(七万二千六百五十一票)に選出された。 1978年3月31日に国民保養温泉地に指定。また、日本紅葉の名所100選にも選ばれる。
タイトルとURLをコピーしました