秋田県の温泉

秋田県の温泉

岩倉温泉(いわくらおんせん)は、秋田県大仙市 にある温泉

JR秋田新幹線秋田駅から約4km、旭川の上流河畔ののどかな山里に湧く岩倉温泉。開湯は、大正末期に石油を採掘しようとボーリングしたところ偶然に温泉が出た。それ以来、変わらなく懇々と湧き続けている。
秋田県の温泉

一本松温泉(いっぽんまつおんせん)は、秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉

一本松温泉にはかつて温泉宿があったが、現在は脱衣所もない完全な野湯になっている。湯船は浅く、2、3人程度が入れる。そのままでは熱すぎるのだが、ホースで沢の水をひき温度を調節して入浴できるようにしている。湯色は透明だが、清掃をしたり人が入ったりすると、底につもっている湯泥が浮き上がり、乳白色に変わる。
2021.09.07
秋田県の温泉

湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉

湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉である。経営者の苗字から杣温泉あるいは小又温泉ともよばれる。杣温泉から引き湯をして、近くの湯の岱地区にも国民宿舎森吉山荘がある。全て源泉かけ流しになっている。
秋田県の温泉

秋の宮温泉郷(あきのみやおんせんきょう)は、秋田県湯沢市にある温泉郷

1952年(昭和27年)6月20日に「秋ノ宮温泉郷」は秋田魁新報社主催の第一回秋田県観光三十景(有効投票約百九十五万票)で第4位(七万二千六百五十一票)に選出された。 1978年3月31日に国民保養温泉地に指定。また、日本紅葉の名所100選にも選ばれる。
秋田県の温泉

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、秋田県北秋田市小森にある温泉

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、秋田県北秋田市小森(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。静かな山間にたたずむ道南でも選りすぐりの秘湯。「美人の湯」として有名な珍しい炭酸泉を源泉かけ流しで楽しめるとあって、週末には遠方から訪れるお客さんで賑わいます。
秋田県の温泉

秋田温泉(あきたおんせん)は、秋田県秋田市にある温泉

2軒の温泉旅館と1軒の日帰り温泉施設がある。周囲は完全に住宅街で風情ある温泉街といった雰囲気ではない。温泉旅館は「秋田温泉プラザ」と「秋田温泉さとみ」で、立ち寄り入浴施設は「温泉センターりらっくす」。
2021.06.15