愛媛県の温泉

愛媛県の温泉

鷹の子温泉(たかのこおんせん)は、愛媛県松山市鷹の子町に湧出する温泉

明治時代に「大師湯」という温泉としてスタートし、昭和時代に「鷹ノ子温泉」、平成になり「たかのこの湯」として蘇った由緒ある温泉で、地下1200メートルから湧き出る昔からの源泉に加え、高温・良質の新源泉も加わり、ますます魅力的な温泉になりました。ホテルに隣接しています。
愛媛県の温泉

久米之癒(くめのゆ)は、愛媛県松山市南久米町325-1にある公衆浴場

東道後温泉久米之癒は、この物語に出てくるお湯を源泉としています。 四十度のアルカリ性単純温泉で地域の人たちに昔から親しまれています。 肌にやさしく、まろやかな良質のお湯をお楽しみください。
愛媛県の温泉

川内温泉(かわうちおんせん)は、愛媛県東温市(旧国伊予国)に湧出する温泉

川内温泉(かわうちおんせん)は、愛媛県東温市(旧国伊予国)に湧出する温泉。地域の交流の場として旧川内町が建設した、「川内ふるさと交流館」(現・東温市ふるさと交流館)内に温浴施設「さくらの湯」がある。
愛媛県の温泉

権現温泉(ごんげおんせん)は、愛媛県松山市(旧国伊予国)にある温泉

松山市北部の堀江港近くの山あいに3軒の旅館が存在する。近隣の道後温泉にちなんで前道後(まえどうご)温泉とも呼ばれるが、道後とは違い、静かな田園地帯にある湯治場の雰囲気である。遍路客などの利用も多い。
愛媛県の温泉

亀ヶ池温泉(かめがいけおんせん)は、愛媛県(旧国伊予国)西宇和郡伊方町にある温泉

日本一細長い佐田岬半島にある四国最西端の温泉。伊方町が平成15年(2003年)に約8億円を投じて、亀ヶ池の畔を約1,500m地底の火山岩と鍾乳石の地層から出た新しい天然温泉。
愛媛県の温泉

湯ノ浦温泉(ゆのうらおんせん)は、愛媛県今治市の南東、渚百選に選ばれた白砂清松の桜井海岸を望む高台に位置する温泉郷

湯ノ浦温泉(ゆのうらおんせん)は、愛媛県今治市(旧国伊予国)の南東、渚百選に選ばれた白砂清松の桜井海岸を望む高台に位置する温泉郷。湧出量は1日あたり1200トン。ラドンやフッ素などを含む良質な温泉として知られている。
愛媛県の温泉

奥道後温泉(おくどうごおんせん)は、愛媛県松山市に湧出する温泉

道後温泉の奥に位置し、石手川渓谷が深くなっていく川沿いの温泉地。西日本最大級の露天温泉「翠明の湯」や貸切露天風呂がある一軒宿では、掛け流しの良質な湯を満喫できる。 湧出量が豊富なので浴槽は全て掛け流しで使用している。
2022.04.16
タイトルとURLをコピーしました