福井県の温泉

福井県の温泉

虹岳島温泉(こがしまおんせん)

虹岳島温泉(こがしまおんせん)は、福井県三方上中郡若狭町(旧国若狭国)にある三方五湖に面した冷鉱泉。三方五湖のひとつ水月湖に隣接し、日本秘湯を守る会に属する1軒宿が存在する。
福井県の温泉

三国温泉(みくにおんせん)は、福井県坂井市三国町にある温泉と、東尋坊温泉を含む温泉郷の総称

三国温泉(みくにおんせん)は、福井県坂井市三国町(旧国・越前国)にある温泉と、東尋坊温泉を含む温泉郷の総称。独立した源泉であるため、「東尋坊温泉」と案内するホームページがあるほか、旧・三国町内に主な源泉が3ヶ所に分散しているため、「三国温泉郷」と案内するホームページもある。
福井県の温泉

鷹巣温泉(たかすおんせん)は、福井県福井市蓑町にある温泉

源泉温は約51度と高く、無色透明でかすかに硫黄の香りが漂うのが特徴。また加熱加水しないで引湯しており、効能が高いと評判で、浴後は肌にも優しく、保温性にも優れている。温泉の泉質はアルカリ単純泉。
福井県の温泉

敦賀トンネル温泉(つるがトンネルおんせん)は、福井県敦賀市にある温泉

敦賀市内にある温泉です。昭和35年、旧国鉄が北陸線の拡張のため、北陸トンネルを工事していた際にお湯が湧き出し、このお湯をトンネルから出た事でトンネル温泉と名付けたそうです。現在、温泉は敦賀市の管理下にある。
2022.04.24
福井県の温泉

鳩ヶ湯(はとがゆ)は、福井県大野市上打波(旧国越前国)にある冷鉱泉

白山国立公園の中に位置し、九頭竜川の支流、打波川の渓流沿いに建つ一軒宿の鳩ヶ湯温泉。その歴史は古く、江戸時代末期に開湯したと伝えられる古湯で、名称の由来は山鳩が傷を癒す為に水浴にやってきた所からその名がついたと云われ、今も源泉に山鳩がやってくる。湯は温度変化によって湯の花が一面に浮き、入浴後、肌がツルツルすると評判
福井県の温泉

花はす温泉(はなはすおんせん)は、福井県南越前町に位置する温泉

特にアミノ酸やビタミンを豊富に含む、花はすの葉と茎から抽出したエキス入りの湯は女性に人気が高い。また、ハスの葉は胃腸の働きに効き、根には血流を良くする働きがあると云われている。
2022.04.23
福井県の温泉

三国温泉(みくにおんせん)は、福井県坂井市三国町にある温泉と、東尋坊温泉を含む温泉郷の総称

三国温泉(みくにおんせん)は、福井県坂井市三国町(旧国・越前国)にある温泉と、東尋坊温泉を含む温泉郷の総称。独立した源泉であるため、「東尋坊温泉」と案内するホームページがあるほか、旧・三国町内に主な源泉が3ヶ所に分散しているため、「三国温泉郷」と案内するホームページもある。
2022.04.19
福井県の温泉

湯ったり温泉(ゆったりおんせん)は、福井県大飯郡おおい町に位置する冷鉱泉

湯ったり温泉(ゆったりおんせん)は、福井県大飯郡おおい町に位置する冷鉱泉である。最上階の4階にあるのが、パノラミックな景観を楽しめる展望風呂! 地下800mから汲みあげる温泉は、神経痛、関節痛、慢性皮膚病などにも効能があります。
タイトルとURLをコピーしました