福島県の温泉

福島県の温泉

大塩裏磐梯温泉(おおしお うらばんだい おんせん)

秘境の雰囲気が漂う大塩裏磐梯温泉の開湯は、今から1200年ほど前に遡る。一夜を泊めてもらったお礼に弘法大師が、塩水を湧出させたのが始まりと伝えられている。裏磐梯高原と喜多方の中間に位置する山あいの閑静な温泉
福島県の温泉

裏磐梯川上温泉(うらばんだいかわかみおんせん)

裏磐梯川上温泉(うらばんだいかわかみおんせん)は、福島県耶麻郡猪苗代町(旧国陸奥国)にある温泉である。古くから温泉は存在したが、明治21年の磐梯山噴火後の山体崩壊により源泉も埋没したと言われる。その後現在地に温泉街が形成された。
福島県の温泉

岩瀬湯本温泉(いわせゆもとおんせん)は、福島県岩瀬郡天栄村にある温泉

日本各地に存在する「湯本温泉」とともに「ゆもと湯けむり5名湯」というスタンプラリーを定期的に開催している。参加している温泉地は岩瀬湯本温泉の他に、ニセコ湯本温泉、岩手湯本温泉(湯田温泉峡湯本温泉)、いわき湯本温泉、長門湯本温泉である。
福島県の温泉

いわき湯本温泉(いわきゆもとおんせん)は、福島県いわき市にある温泉

いわき湯本温泉(いわきゆもとおんせん)は、福島県いわき市(旧国陸奥国、明治以降は磐城国)にある温泉。かつては常磐湯本温泉と呼ばれていた。1300年以上の歴史を持ち、湯本の地名は平安時代に遡る。
福島県の温泉

いわき蟹洗温泉(いわきかにあらいおんせん)は、福島県いわき市四倉町にある温泉

太平洋沿いに、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「太平洋健康センターいわき蟹洗温泉」が1軒存在する。蟹の足に擬えて、全10種の風呂を備えている。全客室や温泉から海を眺望できる。
福島県の温泉

いわき蟹洗温泉(いわきかにあらいおんせん)は、福島県いわき市四倉町にある温泉

もともと「蟹洗」と呼ばれ、枝振りの良い松の木が点在し、平坦な磯で戯れる蟹が、押寄せる大波によってきれいに洗い流されるという風流な絶景地であった。地名の由来は、大正の初め頃まで、近くの鉱山から採れる鉄を洗ったことから「金洗」と呼ばれ、いつの間にかこの場所にふさわしい「蟹洗」に変わったと言われている。
福島県の温泉

穴原温泉(あなばらおんせん)は、福島県福島市飯坂町湯野にある温泉

飯坂温泉街を摺上川沿いに、2キロ上流に入った場所に温泉地が広がる。温泉地の景色は季節によって、変化が楽しめる。旅館6軒と共同浴場「天王寺穴原湯」が1軒存在する。同じ飯坂温泉といっても、歓楽的要素はなく、閑静な温泉地となっている。
福島県の温泉

会津本郷温泉(あいずほんごうおんせん)は、福島県大沼郡会津美里町六日町甲にある温泉

会津本郷温泉(あいずほんごうおんせん)は、福島県大沼郡会津美里町六日町甲にある温泉。
福島県の温泉

飯坂温泉(いいざかおんせん)は、福島県福島市飯坂地域にある温泉

福島市郊外北西の飯坂町、栗子連峰の麓に位置する温泉街。「福島の奥座敷」の異名を持つ温泉一色の街。ヤマトタケル伝説にも登場する古湯で2世紀頃からの歴史を有する。宮城県の鳴子温泉、秋保温泉と共に奥州三名湯に数えられる。
2022.04.21
福島県の温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市にある温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。温泉街の中心部には足湯が存在する。また、子宝に恵まれるとされることから、金精様を祀った金精神社があり、その前にも足湯が存在する。
2022.04.17
タイトルとURLをコピーしました