福島県の温泉

福島県の温泉

会津本郷温泉(あいずほんごうおんせん)は、福島県大沼郡会津美里町六日町甲にある温泉

会津本郷温泉(あいずほんごうおんせん)は、福島県大沼郡会津美里町六日町甲にある温泉。
福島県の温泉

小豆温泉(あずきおんせん)は、福島県南会津郡南会津町にある温泉

南会津町伊南地区にある小豆温泉は、和風のお宿「花木(かぼく)の宿」と日帰り温泉「窓明(まどあけ)の湯」の2か所。どちらも国道352号沿いにあります。 弱アルカリ性の単純泉で、神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、汗疹、切り傷などに効能があるとされます。
福島県の温泉

飯坂温泉(いいざかおんせん)は、福島県福島市飯坂地域にある温泉

福島市郊外北西の飯坂町、栗子連峰の麓に位置する温泉街。「福島の奥座敷」の異名を持つ温泉一色の街。ヤマトタケル伝説にも登場する古湯で2世紀頃からの歴史を有する。宮城県の鳴子温泉、秋保温泉と共に奥州三名湯に数えられる。
福島県の温泉

熱塩温泉(あつしおおんせん)は、福島県喜多方市熱塩加納町にある温泉

熱塩温泉(あつしおおんせん)は、福島県喜多方市熱塩加納町(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。塩分の濃い高温泉で熱塩の名前の由来でもある。また、よく温まることから子宝の湯とも呼ばれる。
福島県の温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市にある温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。温泉街の中心部には足湯が存在する。また、子宝に恵まれるとされることから、金精様を祀った金精神社があり、その前にも足湯が存在する。
福島県の温泉

赤湯温泉(あかゆおんせん)は、福島県福島市土湯温泉町にある温泉

鷲倉温泉と野地温泉の間に位置し、一軒宿「好山荘」が建つ。旧館はいかにも湯治場といった雰囲気である。露天風呂は周辺の温泉のような青白い硫黄泉であるが、内風呂は特徴的な赤茶色のお湯である。炭酸鉄泉で、内容物が空気に触れ急速に酸化することで色が着き、浸したタオルが茶色になってしまうほどである。