岐阜県の温泉

岐阜県の温泉

秋神温泉(あきがみおんせん)は、岐阜県高山市朝日町(旧国飛騨国)にある温泉

山の一軒の宿「秋神温泉旅館」が、昭和46年から氷点下10度の冬の自然を逆手に取り、制作を始めた冬の風物詩「氷点下の森」。出来上がった氷の森は昼間はブルーに、夜にはライトアップし、赤、青、緑の幻想的な氷の世界を見せてくれます。(氷点下の森開催日:1月1日~3月31日 ライトアップ1月1日~2月末)
岐阜県の温泉

湯屋温泉(ゆやおんせん)は、岐阜県下呂市(旧飛騨国)にある温泉

旧小坂町の町域、小坂川の支流大洞川沿いの山間部に存在する湯屋温泉。開湯は室町時代中期に遡り、約500年の歴史を誇っている。しかし観光案内などには、開湯は約300年もしくは約400年とされている古い湯治場であるのは間違いない。
岐阜県の温泉

池田温泉(いけだおんせん)は、岐阜県揖斐郡池田町片山にある温泉

重曹以外の成分をほとんど含まない全国的にも大変珍しい純重曹という泉質は、肌を滑らかにする”美肌効果“が期待できるだけではなく、刺激が少なく体にやさしい温泉です。 あかちゃんからお年寄りまで、安心してご利用いただくことができます。
岐阜県の温泉

ローソク温泉(ろーそくおんせん)は岐阜県中津川市にある温泉

ローソク温泉(ろーそくおんせん)は岐阜県中津川市にある温泉。自然湧出の温泉の中では、日本屈指のラジウム含有量を誇る源泉を持つ湯治宿で、日帰り入浴も受け付けている。ミネラルも豊富に含んだ効能豊かな湯で、明治の頃から湯治場として利用されている。
岐阜県の温泉

安八温泉(あんぱちおんせん)は、岐阜県安八郡安八町にある温泉

安八温泉(あんぱちおんせん)は、岐阜県安八郡安八町にある温泉。安八町の施設の一つ。介護予防施設として作られた健康ふれあいドームと併設されている。安八温泉保養センターとしてドームと温泉は一括管理されている。
岐阜県の温泉

割石温泉(わりいし おんせん)は、日本の岐阜県飛騨市神岡町割石にある温泉

金属鉱業事業団による鉱脈の調査ボーリング中であった1976年(昭和51年)11月2日に地下850mから41℃の温泉(硫黄泉)が湧出し、1979年(昭和54年)、地域住民(当時の神岡町民)の保養と憩いの場を目的として共同浴場(老人福祉センター 割石温泉)が1980年(昭和55年)1月26日に設立された。
2021.06.15