群馬県の温泉

群馬県の温泉

半出来温泉(はんできおんせん)

半出来とは小字名。土地が痩せていたため作物がよく育たず、近隣の地域に比べて同じ面積の土地で同じ作物を作っても半分しか収穫が無かったことから「半出来」と呼ばれた地名に由来する。逆に半は「なか」と読むため群馬の方言「なから」「なっから」(かなりという意味)から、出来の良い土地という説もある。
群馬県の温泉

半出来温泉(はんできおんせん)

半出来とは小字名。土地が痩せていたため作物がよく育たず、近隣の地域に比べて同じ面積の土地で同じ作物を作っても半分しか収穫が無かったことから「半出来」と呼ばれた地名に由来する。逆に半は「なか」と読むため群馬の方言「なから」「なっから」(かなりという意味)から、出来の良い土地という説もある。
群馬県の温泉

法師温泉(ほうしおんせん)は、群馬県利根郡みなかみ町永井にある一軒宿の温

法師温泉(ほうしおんせん)は、群馬県利根郡みなかみ町永井(旧国上野国)にある一軒宿の温泉。1999年4月20日、湯宿温泉・川古温泉と共に国民保養温泉地に指定されている。
群馬県の温泉

松ノ湯温泉(まつのゆおんせん)は、群馬県吾妻郡東吾妻町(旧国上野国)にある温泉

関東随一の温泉大国と言われる群馬県。中でも松の湯温泉「松渓館」(吾妻郡東吾妻町)は、ぬる湯で知られる一軒宿です。その最大の魅力は、ぬるく上質な温泉を貸切りで楽しめる点。泉質は石膏泉で、“草津温泉の仕上げ湯”としても最適です。
群馬県の温泉

丸沼温泉(まるぬまおんせん)は、群馬県利根郡片品村(旧国上野国)にある温泉

寛政3年(1791年)に、湧出しているのを発見されて丸沼温泉。国道120線(沼田〜日光)の栃木県境に近い、標高1400m余の丸沼高原に一画を占める丸沼奥の湖畔に位置し、周囲は白樺やブナ・カツラなどの原生林に覆われ、それらが四季の彩を映す沼と湯宿の神秘的な調和を醸している
群馬県の温泉

宮山温泉(みややまおんせん)は、群馬県利根郡川場村にある温泉

県道64号で道の駅川場田園プラザに向かう途中の山あいに、温泉民宿「休み石」が存在する。日帰り入浴不可で、宿泊者のみ入浴可能。建物は宮大工だった主人が木にこだわって、建築された。
群馬県の温泉

薬師温泉(やくしおんせん)は、群馬県吾妻郡東吾妻町(旧国上野国)にある温泉

薬師温泉であるかやぶきの郷薬師温泉旅籠は、上州吾妻にある浅間隠山の山懐に抱かれた静かな一軒宿です。この地に二百余年前より自噴する天然温泉と、3386点もの懐かしい古民具の数々があります。旅装をとき、ゆるやかに流れる時間を心ゆくまで楽しめます。
群馬県の温泉

藪塚温泉(やぶづかおんせん)は、群馬県太田市にある温泉

千年以上も絶えることのない豊富な湯量に加え、無色透明のさらっとした重曹泉は肌をすべすべにし、また肝臓の働きを活発にすることから肝臓の湯とも言われ、女性にも男性にも嬉しい効能を持つのが魅力的。
群馬県の温泉

湯宿温泉(ゆじゅくおんせん)は、群馬県利根郡みなかみ町にある温泉

群馬県と新潟県を結ぶ、国道17号線三国峠の玄関口に位置する湯宿温泉。その歴史は古く、約1200年程前の仁寿2年(852年)に、須川村の弘須法師によって発見されたと伝えられている。その後、三国街道の宿場町として発展し、現在もその面影を忍ぶ、狭い石畳にそって町並みが続いている。
群馬県の温泉

湯端温泉(ゆばたおんせん)は、群馬県高崎市にある温泉

湯端温泉(ゆばたおんせん)は、群馬県高崎市にある温泉。一軒宿で温泉街と言えるものはない。宿泊施設は備えている。番組の放映のため、タレントのみのもんたが宿泊・入浴したこともある。
2021.06.15
タイトルとURLをコピーしました