広島県の温泉

広島県の温泉

きのえ温泉(きのえおんせん)は、広島県豊田郡大崎上島町沖浦にある温泉

きのえ温泉(きのえおんせん)は、広島県豊田郡大崎上島町沖浦にある温泉。瀬戸内海の離島、大崎上島で湧出している。瀬戸内の島々の大パノラマ、大潮の日は眼下に渦潮、澄んだ日は遥か石鎚連峰を望みながらゆったりお楽しみください。
広島県の温泉

音戸温泉(おんどおんせん)とは、広島県広島市中区田中町にあるナトリウム塩化物泉

音戸温泉(おんどおんせん)とは、広島県広島市中区田中町にあるナトリウム塩化物泉である[1]。神経痛、関節痛、疲労回復などに効能がある。1972年、自宅の庭を掘り始め、12年後に地下850メートル地点で温泉を発見した。
広島県の温泉

宮浜温泉(みやはまおんせん)は、広島県廿日市市(旧国安芸国)にある温泉

宮浜温泉を気軽に日帰りで楽しむことが出来る、ロケーションのよい天然温泉です。すべての浴槽から風光明媚な瀬戸内海、宮島の景色を望むことができます。瀬戸内海の沿岸に旅館が立地し、日本三景で知られる宮島を望む。カキやアナゴ、アサリなどが名物となっている。
広島県の温泉

鞆の浦温泉(とものうらおんせん)は、広島県福山市の鞆の浦にある温泉

広島県福山市の鞆の浦に湧く「鞆の浦温泉(とものうらおんせん)」。2002年に湧出した比較的新しい温泉で、ラドン含有量の多いラジウム泉。パワースポットの仙酔島や歴史薫る町並みが残る瀬戸内海屈指の景勝地に位置し、瀬戸内海の新鮮な魚介類も魅力な人気の温泉地です。
広島県の温泉

せら温泉(せらおんせん)は、広島県世羅郡世羅町にある温泉

せら温泉(せらおんせん)は、広島県世羅郡世羅町にある温泉。温泉のほかに複数の生薬風呂を備え、大衆演劇の上演も行なわれている。
広島県の温泉

君田温泉(きみたおんせん)は、広島県三次市君田町(旧国備後国)にある温泉

君田温泉は古くから湯治場として知られており、やさしく全身をつつみこんでくれるお湯は神経痛や冷え性、慢性皮膚病への効能にくわえて美肌効果も高く、心身ともに癒してくれる魔法のお湯として地元の人々にも長年愛されてきました。