北海道・東北エリア

北海道・東北エリア

北海道・東北エリア

湯段温泉(ゆだんおんせん)は、青森県弘前市にある温泉

湯段温泉(ゆだんおんせん)は、青森県弘前市(旧中津軽郡岩木町常盤野)(旧国陸奥国)にある温泉。この温泉は享保9年(1724年)、賀田村(青森県岩木町)の柴田長兵衛が発見した。柴田長兵衛に温泉の小屋主を命じられた。嶽温泉とともに、湯治場として知られた。
北海道・東北エリア

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、秋田県北秋田市小森にある温泉

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、秋田県北秋田市小森(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。静かな山間にたたずむ道南でも選りすぐりの秘湯。「美人の湯」として有名な珍しい炭酸泉を源泉かけ流しで楽しめるとあって、週末には遠方から訪れるお客さんで賑わいます。
北海道・東北エリア

松倉温泉(まつくらおんせん)は、岩手県花巻市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)花巻温泉郷にある温泉

豊沢川沿いに開ける岩手県花巻南温泉峡のなかでも、最も市街地に近いのが松倉温泉。開湯は昭和40年(1965年)に開発され、近代的な装いのある温泉で、湯は癖がない無色透明のアルカリ性単純泉で、肌がツルツルになり美肌効果が高いと評判。
北海道・東北エリア

海抜1230メートルの大樹海にある・鷲倉温泉(わしくらおんせん)

ここは標高1230㍍、下界とは比べものにならない別天地である。玄関に降りたった人が「空気がおいしい」と、もらすほどのさわやかさである。 前方に大きく広がるブナの原生林の大樹海は、磐梯吾妻スカイラインの南面の大自然である。これだけ雄大な山岳景観を窓から眺められる秘湯の宿は少ない。
北海道・東北エリア

養老牛温泉(ようろううしおんせん)は、北海道標津郡中標津町にある温泉

養老牛温泉(ようろううしおんせん)は、北海道標津郡中標津町にある温泉。渓流沿いに立地しており、川の流れを聞きながら入る露天風呂を設けている。 発見は約300年前とされる。アイヌの人々が利用していた。
北海道・東北エリア

目に対する効能があるとされ、「目に小原」といわれる・小原温泉(おばらおんせん)

昔から「目におばら」と言われるように眼病にとてもよく 単純温泉でくせがなく肌にやさしいサラッとした温泉は一浴でそのよさを実感できます。 大浴場・露天風呂はもちろん各部屋についてあるお風呂もろ過・過熱・循環を一切してない100%天然温泉です。
北海道・東北エリア

山形県鶴岡市由良地区にある温泉・由良温泉(ゆらおんせん)

日本の渚100選、日本の快水浴場88選に選ばれた美しい景観と八乙女伝説のロマン息づく由良海岸。日本海に沈む夕陽と朱塗りの橋が架かる白山島が織り成すコントラストはまさに絶景です。東北の江の島”とも謳われる白山島を抱いた美しい景観をご堪能ください。
北海道・東北エリア

薬研温泉(やげんおんせん)は、青森県むつ市大畑町薬研にある温泉

開湯は1615年(慶長20年/元和元年)である。大坂夏の陣で敗れた豊臣側の落武者城大内蔵太郎が当地まで落ち延びてきた際に発見したとされる。温泉名の由来は、湯口の形が漢方薬を作る道具「薬研台」に似ていることに由来する。
北海道・東北エリア

美しい渓谷に豊かに湧き出す「美人の湯」湯瀬温泉(ゆぜおんせん)

無色透明のお湯は、やさしく馴染みやすい肌触りがむしろ化粧水に近く、特にニキビ肌や肌荒れなどに高い効能を持つ。その美肌効果から群馬県の川湯温泉、和歌山県の竜神温泉と並び「日本三大美人の湯」にも数えられ、二度三度と繰り返し湯浴みするうちに肌に潤いとみずみずしさが戻ってくるといわれる。
北海道・東北エリア

矢巾温泉(やはばおんせん)は、岩手県矢巾町南昌山山麓にある温泉

南昌山、ぬさかけの滝など雄大な自然に恵まれた温泉です。 温泉が持つ自然の力をそのまま肌で感じられる「本物の温泉」をお楽しみください。湯冷めしにくいやわらかいお湯が自慢です。 登山やスポーツの疲れをほぐすのには最適な温泉です。
スポンサーリンク