福島県の温泉

福島県の温泉

北海道・東北エリア

海抜1230メートルの大樹海にある・鷲倉温泉(わしくらおんせん)

ここは標高1230㍍、下界とは比べものにならない別天地である。玄関に降りたった人が「空気がおいしい」と、もらすほどのさわやかさである。 前方に大きく広がるブナの原生林の大樹海は、磐梯吾妻スカイラインの南面の大自然である。これだけ雄大な山岳景観を窓から眺められる秘湯の宿は少ない。
北海道・東北エリア

高湯温泉(たかゆおんせん)は、福島県福島市町庭坂、標高750メートルに位置する温泉

福島市郊外西部(吾妻地域)の吾妻山連峰の中腹に位置する温泉街。400年以上の歴史を有し、薬効成分が高い全国有数の高濃度硫黄泉かけ流し湯が楽しめる場所として有名である。 山形の白布温泉や蔵王温泉と並んで奥羽三高湯と称される。
2021.04.16
北海道・東北エリア

磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん)は、福島県郡山市にある温泉

磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん)は、福島県郡山市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。月岡温泉、いわき湯本温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられている。また名湯百選の一つ。郡山の奥座敷として歓楽街温泉であったことから、規模の大きなホテルも多い。
2021.04.16
北海道・東北エリア

東山温泉(ひがしやまおんせん)とは、福島県会津若松市にある温泉

開湯は8世紀後半、または天平年間に行基によってなされたと伝えられる。伝承によると、三本足の烏に導かれて発見したという。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷として発展した。会津民謡に登場する小原庄助ゆかりの温泉とされる。
2021.04.16
北海道・東北エリア

岳温泉(だけおんせん)は福島県二本松市にある活火山安達太良山の中腹にある温泉

岳温泉(だけおんせん)は福島県二本松市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある活火山安達太良山の中腹にある温泉。 岳温泉旅館協同組合は、何か目玉になるものを作ろうということで、「ミニ独立国」ブームにあやかり、1982年(昭和57年)4...
2021.04.16
スポンサーリンク