宮城県の温泉

宮城県の温泉

北海道・東北エリア

目に対する効能があるとされ、「目に小原」といわれる・小原温泉(おばらおんせん)

昔から「目におばら」と言われるように眼病にとてもよく 単純温泉でくせがなく肌にやさしいサラッとした温泉は一浴でそのよさを実感できます。 大浴場・露天風呂はもちろん各部屋についてあるお風呂もろ過・過熱・循環を一切してない100%天然温泉です。
北海道・東北エリア

湯浜温泉(ゆはまおんせん)は、宮城県栗原市 にある温泉

一軒宿が存在するのみである。一軒宿には電気が引かれておらず、ランプの宿としても有名である。冬期間は温泉地へアクセスする道路(国道398号)が冬期閉鎖しているため、温泉も営業休止している。2008年6月の岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受け、2009年より休業。2013年から営業再開
2021.04.16
北海道・東北エリア

松島温泉(まつしまおんせん)は、宮城県宮城郡松島町の日本三景・松島にある

松島温泉(まつしまおんせん)は、宮城県宮城郡松島町の日本三景・松島にある、松島温泉組合に加盟している施設の温泉。同組合は、泉質の特徴から「太古天泉 松島温泉」とのキャッチコピーを用いている。一般的に海岸地区の温泉の泉質は、海水と成分が近い塩化物泉が多い。
2021.04.16
北海道・東北エリア

鬼首温泉(おにこうべおんせん)は、宮城県北西部、大崎市の北にある温泉群。

鬼首温泉(おにこうべおんせん)は、宮城県(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)北西部、大崎市(旧鳴子町)の北にある温泉群。 昔は地獄地帯の高温泉は地元の人達が調理に使っていたという。 江戸時代には湯治場として栄え、江戸時代中期までは鳴子の地域で一番栄えた湯治場であったという。
2021.04.16
北海道・東北エリア

秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元に位置する温泉

秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)に位置する温泉である。仙台都心からも近いため、宿泊のみならず、日帰り入浴にも利用されている。同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯...
2021.04.16
スポンサーリンク