岩手県の温泉

岩手県の温泉

岩手県の温泉

山の神温泉(やまのかみおんせん)は、岩手県花巻市花巻温泉郷にある温泉

山の神温泉(やまのかみおんせん)は、岩手県花巻市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)花巻温泉郷にある温泉。岩手県にある花巻南温泉峡と奥座敷の中間にあり、豊富な湯量を誇る山の神温泉。その名は当地の山の神を祀る「山祇神社」に由来しているといわれている。
岩手県の温泉

渡り温泉は、岩手県花巻市花巻温泉郷にある温泉

清流、豊沢川沿いに湧く渡り温泉は花巻南温泉峡のひとつで、静かな森の中の一軒宿。毎分200リットルの豊富な湯量が溢れる翡翠風呂や青森ひば造りの湯船、サウナも完備され、上質の温泉をさまざまに楽しめる。
岩手県の温泉

大沢温泉(おおさわおんせん)は岩手県花巻市の花巻温泉郷にある温泉

江戸時代には歴代の南部藩主も利用したといわれる。また、宮沢賢治、高村光太郎らの文人もよく利用した。宮沢賢治は農学校の教員時代に生徒を連れて訪れたこともあった。高村光太郎はこの温泉を「本当の温泉の味がする」と評した。
2021.02.27
スポンサーリンク