栃木県の温泉

栃木県の温泉

栃木県の温泉

板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)板室にある温泉

板室温泉特有の入浴方法として綱の湯(つなのゆ)が知られる。綱の湯は、持ち手となる綱を温泉小屋の梁に結わえて湯浴上に垂らし、湯治客はこれを握って腰以上の深度のある湯浴に浸かって湯治を行う。これより板室温泉は杖いらずの湯(つえいらずのゆ)とも呼ばれるようになった。
栃木県の温泉

赤見温泉(あかみおんせん)は、栃木県佐野市にある温泉

出流原弁天池は、古生層石灰岩の割れ目から湧き出て池を成している。かなり厚い土の層を通ってろ過された水は、年間通して水温約16℃を保っていて湧水は豊富である。この水を沸かしたのが赤見温泉である。
2021.04.17
栃木県の温泉

栃木県の温泉・早乙女温泉(そうとめおんせん)

早乙女温泉または喜連川早乙女温泉は、栃木県さくら市の喜連川地区にある温泉。平地の温泉としては珍しく硫黄の強い、色が変化する温泉である。早乙女温泉では、機械類は新品でも1年から2年で故障するくらい硫黄の成分が強いらしく、お客様が他でご覧になっているような現代風の浴槽は、導入できないのです。
2021.04.17
栃木県の温泉

芦野温泉(あしのおんせん)は、栃木県那須郡那須町(旧国下野国)にある温泉

芦野温泉(あしのおんせん)は、栃木県那須郡那須町(旧国下野国)にある温泉。旧奥州街道の宿場町芦野本陣の近くに位置する。那須高原、那須温泉郷の喧騒から離れた穴場的な新しい温泉である。
2021.04.17
栃木県の温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉。 箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれ、年間200万人以上の宿泊客で賑わう。 鬼怒川温泉、鬼怒川ふれあい橋より上流方 泉質 火傷...
2021.04.17
スポンサーリンク