三重県の温泉

三重県の温泉

阿児温泉(あごおんせん)は、三重県志摩市にある温泉

開湯は2000年(平成12年)である。水道水確保のためのボーリングを実施した際に源泉を掘り当てた。源泉の存在する地層が、白亜紀であることから、源泉の登録名もそれに因んで「阿児温泉シャカ太古の湯」、温泉も「阿児温泉シャカ白亜紀の湯」となっている。
三重県の温泉

磯部わたかの温泉(いそべわたかのおんせん)は、三重県志摩市磯部町渡鹿野にある温泉

磯部わたかの温泉(いそべわたかのおんせん)は、三重県志摩市磯部町渡鹿野にある温泉。志摩温泉郷の一つ。志摩の離島である渡鹿野島で湧出している。
三重県の温泉

奥香肌峡温泉(おくかはだきょうおんせん)は、三重県松阪市飯高町にある温泉

大自然の中から湧き出る香肌峡温泉のお風呂です。 鉄分と炭酸を多く含む茶褐色のにごり湯が特徴で、『香肌の黄金湯』とも呼ばれています。 美肌効果があり、湯冷めしにくいと評判のこのお湯を豊かな山並みを望みながら楽しむことができます。
三重県の温泉

猪の倉温泉(いのくらおんせん)は、三重県津市白山町佐田にある温泉

猪の倉温泉(いのくらおんせん)は、三重県津市白山町佐田にある温泉。「猪の倉温泉 しらさぎ苑」では良質な天然温泉が堪能できます。ヌルヌル感がある浴感で、アトピー、リュウマチ、疲労回復などに効くと評判があります。
三重県の温泉

阿曽温泉(あそおんせん)は、三重県度会郡大紀町阿曽にある温泉

阿曽温泉(あそおんせん)は、三重県度会郡大紀町阿曽にある温泉。廃校となった小学校の校舎を再利用した温泉施設が特徴で、一帯は阿曽湯の里(あそゆのさと)として整備されている。
三重県の温泉

赤目温泉(あかめおんせん)は、三重県名張市にある温泉

赤目温泉(あかめおんせん)は、三重県名張市にある温泉。良質なアルカリ性単純温泉で、しっとりなめらかな美肌の湯だ。赤目渓谷の自然に囲まれて、ゆったりお風呂に浸かり心身ともにリラックスできる。