熊本県の温泉

熊本県の温泉

石段の郷 佐俣の湯(いしだんのさと さまたのゆ)は、熊本県下益城郡美里町の国道218号の北側にある温泉施設

石段の郷 佐俣の湯は、1998年10月に開業後、2013年10月に道の駅美里「佐俣の湯」として登録された。また、JR九州による九州八十八湯めぐりの1つに選ばれた。
熊本県の温泉

石段の郷 佐俣の湯(いしだんのさと さまたのゆ)は、熊本県下益城郡美里町の国道218号の北側にある温泉施設

「石段の郷」というのは、釈迦院御坂遊歩道という3333段ある石段が近くにあるからかと思います。ここは、道の駅にもなっていて、温泉以外にも農産物直売所やレストラン、宿泊施設などもあります。天然温泉は、「アルカリ性単純温泉」で、硫黄臭のするヌルヌルスベスベの肌に良い湯。
熊本県の温泉

小天温泉(おあまおんせん)は、熊本県玉名市天水町小天に位置する温泉

夏目漱石の小説『草枕』の舞台「那古井温泉」のモデルとして知られる。1896年(明治29年)から熊本市の第五高等学校(熊本大学の前身)の英語教師として勤めていた漱石は、翌年(明治30年)暮れ、当時熊本市街から最も近い温泉であったこの地で正月にかけて数日間保養した。
熊本県の温泉

植木温泉(うえきおんせん)は、熊本県熊本市北区にある温泉

「植木温泉」の一番の魅力はその泉質!PH8.0前後のアルカリ性がもたらすトロトロの湯心地を楽しめ、別名“美肌の湯”と呼ばれています。また、各旅館やホテルは自家源泉を持っており、施設ごとに泉質が少しずつ異なるのもポイント。湯めぐりをしながら泉質の違いを楽しめるなんて贅沢ですよね。
2021.07.27
熊本県の温泉

阿蘇内牧温泉(あそうちのまきおんせん)は、熊本県阿蘇市にある温泉

阿蘇内牧温泉(あそうちのまきおんせん)は、熊本県阿蘇市(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇温泉郷の一つで同温泉郷最大。阿蘇山の麓に位置する。内牧温泉は阿蘇温泉郷の中では桁違いに宿泊施設の数が多いが、非常に広範な範囲に亘って分散しているため、温泉街を形成していない。
熊本県の温泉

阿蘇赤水温泉(あそあかみずおんせん)は、熊本県阿蘇市にある温泉

阿蘇赤水温泉(あそあかみずおんせん)は、熊本県阿蘇市(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇温泉郷の一つ。阿蘇山の麓に位置する。阿蘇五岳を望む田園地帯に湧く温泉。 湯が豊富で、「子宝に恵まれる」といわれている。
2021.06.15