京都府の温泉

京都府の温泉

嵐山温泉(あらしやまおんせん)は、京都府京都市右京区嵐山にある温泉

平安時代より、貴族の別荘地として栄えた嵐山に湧く温泉。今も色濃く残る京の優雅な雰囲気に、歴史ある寺院や渡月橋をはじめとする名所、旧跡が点在。京都の中でも有数の人気を誇る観光名所を楽しんだ後に、温泉も合 わせて楽しめるのが魅力
京都府の温泉

夕日ヶ浦温泉(ゆうひがうらおんせん)は、京都府京丹後市網野町浜詰にある温泉

アルカリ性単純温泉。溶存固形物量は1キログラムあたり261ミリグラムで、丹後半島のその他の温泉地と比べて最も少ない部類に入る。溶存物、なかでもアニオン組成は丹後半島のその他の温泉地とかなり異なり、硫酸イオンが多く含まれるうえにpHがかなり高めであるのが特徴とされる。
京都府の温泉

あやべ温泉(あやべおんせん)とは、京都府綾部市にある温泉

綾部上林の大自然に抱かれたあやべ温泉二王の湯は、温泉成分が豊富ですばらしい効能を誇る府内でも有数の成分を誇る天然温泉です。 二王の湯は、温泉大浴槽、薬湯、露天風呂、サウナを配置し、多種類の生薬を配合した薬湯、露天風呂もあります。
京都府の温泉

湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、京都府亀岡市にある温泉

湯の花温泉は、京都府亀岡市(旧国丹波国)にある温泉で、戦国武将が湯治に訪れたという古文書に基づいて調査が行われ、源泉を再発見した。国道372号線のバイパス部分に宿泊施設が立ち並び、温泉の入り口には鬼の像が立ち並び温泉客を迎えてくれる。
京都府の温泉

天橋立温泉(あまのはしだておんせん)は、京都府宮津市にある温泉

天橋立温泉(あまのはしだておんせん)は、既存の旅館街に誕生した歴史の浅い温泉地である。日本三景である天橋立を望む文殊堂で有名な智恩寺の門前である文殊地区には元々、観光拠点として多くの旅館、ホテルが集中していた。同温泉は既存の旅館街に誕生した温泉地であり、現在10軒の旅館、ホテルが引湯を行っている。
京都府の温泉

るり渓温泉(るりけいおんせん)は、京都府南丹市園部町大河内にある温泉

るり渓温泉(るりけいおんせん)は、京都府南丹市園部町大河内(旧国丹波国)にある温泉。源泉が二つあり「るり渓高原温泉」「るり渓フラワー温泉」とされる。このうち、るり渓高原温泉は国民保養温泉地である。漢字表記する場合は「瑠璃渓」となるが、ほとんどひらがな表記されている。
2021.06.15