京都府の温泉

京都府の温泉

京都桂温泉(きょうとかつらおんせん)

京都桂温泉(きょうとかつらおんせん)とは、京都市西京区樫原に位置する温泉であり、京都市西部の観光地、嵯峨野・嵐山エリアへのアクセスも容易である。
京都府の温泉

木津温泉(きつおんせん)

今から1250年ほど昔、奈良時代の天平の飢饉が起こり、この丹後木津でも少なからずその影響を受け、疫病が発生した。その時、この地を訪れていたのが行基だった。行基は法力をふるうとともに、人々に温泉につかるよう説いてまわった。
京都府の温泉

神野温泉(かんのおんせん)は、京都府京丹後市久美浜町湊宮久美浜湾の神野にある温泉

神野温泉(かんのおんせん)は、京都府京丹後市久美浜町湊宮(旧国丹後国)久美浜湾の神野にある温泉。1996年(平成8年)5月2日、に環境省から国民保養温泉地(久美の浜温泉郷として)に指定される。
京都府の温泉

奥伊根温泉(おくいねおんせん)は、京都府与謝郡伊根町にある温泉

奥伊根温泉(おくいねおんせん)は、京都府与謝郡伊根町にある温泉。日本海沿いの伊根港近くに宿泊施設が点在して、温泉を引いているのは、旅館「油屋本館」と民宿「裳香庵」のみである。
京都府の温泉

大原温泉(おおはらおんせん)は、京都府京都市左京区大原にある温泉

大原温泉は、京都盆地の北東側に位置し、1175mの深さから約120(リットル/分)の豊富な湯量が沸き出す、湯温27.9℃の温泉です。泉質は、「美肌効果」のあるナトリウムイオンと炭酸水素イオンが多く、更に「通風の湯」の元になっているラドン量が25(X10-10キュリー/kg)と多く放射能温泉基準の30(X10-10キュリー/kg)に近い量を抱え、近畿地方でも数少ない温泉です
京都府の温泉

宇川温泉(うかわおんせん)は、京都府京丹後市丹後町宇川久僧にある温泉

森林の香りと海の爽やかな風が混在する、宇川の魅力を満喫する「宇川温泉 よし野の里」。 当館では、地下1,200mから湧き出る天然温泉や、雄大な自然を五感で感じられるアクティビティをご用意しております。
京都府の温泉

岩滝温泉(いわたきおんせん)は、京都府与謝郡与謝野町(旧岩滝町)にある温泉

阿蘇海に面した閑静な宿。旬の魚介はもちろん、山の幸をふんだんに使った料理が味わえる。冬の松葉ガニ料理も格別。浴場では三つの源泉から引く岩滝温泉の効能が満喫できる。 天然温泉は、美肌効果満点湯です。吹き抜ける潮風と木々の香りには爽やかさと心地よさを感じます。
2022.04.24
京都府の温泉

嵐山温泉(あらしやまおんせん)は、京都府京都市右京区嵐山にある温泉

平安時代より、貴族の別荘地として栄えた嵐山に湧く温泉。今も色濃く残る京の優雅な雰囲気に、歴史ある寺院や渡月橋をはじめとする名所、旧跡が点在。京都の中でも有数の人気を誇る観光名所を楽しんだ後に、温泉も合 わせて楽しめるのが魅力
京都府の温泉

夕日ヶ浦温泉(ゆうひがうらおんせん)は、京都府京丹後市網野町浜詰にある温泉

アルカリ性単純温泉。溶存固形物量は1キログラムあたり261ミリグラムで、丹後半島のその他の温泉地と比べて最も少ない部類に入る。溶存物、なかでもアニオン組成は丹後半島のその他の温泉地とかなり異なり、硫酸イオンが多く含まれるうえにpHがかなり高めであるのが特徴とされる。
京都府の温泉

あやべ温泉(あやべおんせん)とは、京都府綾部市にある温泉

綾部上林の大自然に抱かれたあやべ温泉二王の湯は、温泉成分が豊富ですばらしい効能を誇る府内でも有数の成分を誇る天然温泉です。 二王の湯は、温泉大浴槽、薬湯、露天風呂、サウナを配置し、多種類の生薬を配合した薬湯、露天風呂もあります。
タイトルとURLをコピーしました