京都府の温泉

京都府の温泉

京都府の温泉

湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、京都府亀岡市にある温泉

湯の花温泉は、京都府亀岡市(旧国丹波国)にある温泉で、戦国武将が湯治に訪れたという古文書に基づいて調査が行われ、源泉を再発見した。。国道372号線のバイパス部分に宿泊施設が立ち並び、温泉の入り口には鬼の像が立ち並び温泉客を迎えてくれる。
京都府の温泉

天橋立温泉(あまのはしだておんせん)は、京都府宮津市(旧国丹後国)にある温泉

天橋立温泉(あまのはしだておんせん)は、京都府宮津市(旧国丹後国)にある温泉。同温泉は既存の旅館街に誕生した温泉地であり、現在10軒の旅館、ホテルが引湯を行っている。 現在は近郷に3箇所の温泉地がある。
京都府の温泉

るり渓温泉(るりけいおんせん)は、京都府南丹市園部町大河内(旧国丹波国)にある温泉

るり渓温泉(るりけいおんせん)は、京都府南丹市園部町大河内(旧国丹波国)にある温泉。源泉が二つあり「るり渓高原温泉」「るり渓フラワー温泉」とされる。このうち、るり渓高原温泉は国民保養温泉地である。漢字表記する場合は「瑠璃渓」となるが、ほと...
2021.03.01
スポンサーリンク