九州・沖縄エリア

九州・沖縄エリア

九州・沖縄エリア

筌の口温泉(うけのくちおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉

筌の口温泉(うけのくちおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉。九重九湯の1つである。正保年間(1644年 - 1647年)頃から村人が入浴していたが、1728年(享保13年)に田野徳右衛門が湯治小屋を立てたのが温泉としての始まりである。
九州・沖縄エリア

宮古島温泉(みやこじまおんせん)は、沖縄県宮古島市にある温泉

宮古島温泉は、地下から湧き出ている源泉をそのまま利用している親しみやすい温泉です。 施設内には大浴場をはじめ、露天風呂やサウナなどがありますよ!他にも家族向けの3タイプのお風呂があります。 種類は檜風呂・岩風呂・大理石風呂などがあり、さまざまなタイプの浴槽を楽しむことができます。
九州・沖縄エリア

湯之元温泉(ゆのもとおんせん)は、鹿児島県日置市東市来町湯田(旧国薩摩国)にある温泉

国道3号沿いに温泉街が広がるが、市街地に紛れ込んでいるため、さほど温泉街という雰囲気はない。しかし、元々の湯治場であった元湯「打込湯」付近は昔ながらの湯治場の雰囲気を醸し出している。また、近くには薩摩焼の窯元があり、薩摩焼の食器を扱う宿が多い。
九州・沖縄エリア

湯の児温泉(ゆのこおんせん)は、熊本県水俣市(旧国肥後国)にある温泉

風光明美なリアス式海岸の続く芦北海岸県立公園内にある温泉です。約190年前、景行天皇の九州平定の折発見されたといわれ、海岸に湧き出るぬるい湯を指して「まだ湯の子(児)じゃ」といわれたのがその名の由来です。
九州・沖縄エリア

嬉野温泉(うれしのおんせん)は佐賀県嬉野市嬉野町(旧国肥前国)にある温泉

嬉野温泉(うれしのおんせん)は佐賀県嬉野市嬉野町(旧国肥前国)にある温泉。武雄温泉と並び県を代表する温泉である。「日本三大美肌の湯・嬉野温泉」、「佐賀・嬉野温泉」の名称で嬉野市により商標登録されている
九州・沖縄エリア

壱岐湯ノ本温泉(いきゆのもとおんせん)は、長崎県壱岐市(旧国壱岐国)湯本浦、立石西触、本宮南触に跨る温泉

壱岐湯ノ本温泉(いきゆのもとおんせん)は、長崎県壱岐市(旧国壱岐国)湯本浦、立石西触、本宮南触に跨る温泉である。単に湯ノ本温泉ともいう。壱岐随一のいで湯として昔から知られていた。古くから湯治場として知られ、子宝の湯、または外傷に効能があるといわれる。
九州・沖縄エリア

薬王寺温泉(やくおうじおんせん)は、福岡県古賀市薬王寺にある温泉

薬王寺温泉(やくおうじおんせん)は、福岡県古賀市(旧国筑前国)薬王寺にある温泉。弘法大師の薬湯があったという伝説が古くから存在した。1918年に、ボーリングを実施して温泉が発見された。
九州・沖縄エリア

宮崎リゾート温泉(みやざきリゾートおんせん)は、宮崎県宮崎市にある温泉

宮崎リゾート温泉(みやざきリゾートおんせん)とは、宮崎県宮崎市にある温泉である。大淀川沿いに温泉地が形成されている。この地は、作家“川端康成”がその景色を讃え、小説「たまゆら」の舞台に書き下ろした場所としても有名である。
九州・沖縄エリア

触感はさらりとした感触のやさしいお湯・天ヶ瀬温泉(あまがせおんせん)

玖珠川沿いを中心に約20軒の旅館・民宿が営業。天ヶ瀬温泉では「天ヶ瀬温泉なんでもパスポート」という宿泊施設への立ち寄り湯が可能な湯巡りパスポートを発行しており、あまがせ観光案内所で購入できる。共同露天風呂の他に足湯や手湯も存在する。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場

中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場。 県内に現存する唯一の「ゆーふるやー(湯風呂屋)」である。源泉は無色透明だが、入浴剤が投入されるため湯色は緑色を呈する。ただし注ぎ足される湯は無色なので、遅い時間になるほど色は薄くなる。
2021.04.22
スポンサーリンク