熊本県の温泉

熊本県の温泉

九州・沖縄エリア

湯の児温泉(ゆのこおんせん)は、熊本県水俣市(旧国肥後国)にある温泉

風光明美なリアス式海岸の続く芦北海岸県立公園内にある温泉です。約190年前、景行天皇の九州平定の折発見されたといわれ、海岸に湧き出るぬるい湯を指して「まだ湯の子(児)じゃ」といわれたのがその名の由来です。
九州・沖縄エリア

弓ヶ浜温泉(ゆみがはまおんせん)は、熊本県上天草市(旧国肥後国)にある温泉

弓ヶ浜温泉は、有明海を臨む温泉で旅館は一軒のみである。その旅館には、家族全員で手掘りした洞窟風呂があり、赤湯と白湯の二つの異なる泉質の温泉を楽しむことができる。また、天草のエビや魚などの海の幸を楽しむこともできる。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

わいた温泉郷 (わいたせんきょう)は、熊本県阿蘇郡小国町にある温泉の総称

はげの湯、岳の湯、山川温泉などからなる「わいた温泉郷」。 開放的な景色と温泉を独り占めできる「奥阿蘇の秘湯」とも言われ、湯煙が上がる風情のある温泉地として親しまれています。蒸気を利用した蒸し場もあり、温泉を利用すると無料
2021.04.22
九州・沖縄エリア

地獄温泉(じごくおんせん)は、熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽にある温泉

地獄温泉は、熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽にある温泉。温泉名の由来は温泉の裏山に火山ガス噴出による草木の生えていない場所(いわゆる地獄地帯)が存在することによる。現在は「清風荘」1軒のみから成り立っており、隣の垂玉温泉山口旅館もさほど離れていない場所に立地しているものの、源泉が異なるため別の温泉として扱われている。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

湯の鶴温泉(ゆのつるおんせん)は、熊本県水俣市にある温泉

湯の鶴温泉(ゆのつるおんせん)は、熊本県水俣市にある温泉。湯の児温泉に対し、山の温泉と呼ばれている。 熊本県水俣市にある湯の鶴温泉 泉質 単純硫化水素泉 温泉街 市街地から9kmほど南東に進んだ所にあ...
2021.04.22
スポンサーリンク