大分県の温泉

大分県の温泉

九州・沖縄エリア

筌の口温泉(うけのくちおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉

筌の口温泉(うけのくちおんせん)は、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉。九重九湯の1つである。正保年間(1644年 - 1647年)頃から村人が入浴していたが、1728年(享保13年)に田野徳右衛門が湯治小屋を立てたのが温泉としての始まりである。
九州・沖縄エリア

触感はさらりとした感触のやさしいお湯・天ヶ瀬温泉(あまがせおんせん)

玖珠川沿いを中心に約20軒の旅館・民宿が営業。天ヶ瀬温泉では「天ヶ瀬温泉なんでもパスポート」という宿泊施設への立ち寄り湯が可能な湯巡りパスポートを発行しており、あまがせ観光案内所で購入できる。共同露天風呂の他に足湯や手湯も存在する。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

赤川温泉(あかがわおんせん)は、大分県竹田市久住町にある温泉

赤川温泉(あかがわおんせん)は、大分県竹田市久住町(旧国豊後国)にある温泉である。この温泉を含む旧久住町内の温泉は久住高原温泉郷と総称されており、竹田市の他の地域の長湯温泉及び竹田・荻温泉とともに、竹田温泉群として国民保養温泉地に指定されている。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

由布院温泉(ゆふいんおんせん)は、大分県由布市(旧国豊後国速見郡)にある温泉

由布院温泉は、大分県由布市にある温泉。由布岳(標高1,584m)の麓に広がる温泉地である。温泉湧出量、源泉数ともに全国2位の豊富な湯量を誇る。2019年10月4日には、由布市内の塚原温泉・庄内温泉・挾間温泉を含めた「湯布院温泉郷」として拡充指定された。
2021.04.22
九州・沖縄エリア

長湯温泉(ながゆおんせん)は、大分県竹田市直入町にある温泉

長湯温泉(ながゆおんせん)は、大分県竹田市直入町(旧国豊後国)にある温泉である。炭酸濃度、湧出量、温度から「世界屈指の炭酸泉」、「日本有数の炭酸泉」とされ、その効能(飲泉含む)で知られている。
2021.04.22
スポンサーリンク