宮崎県の温泉

宮崎県の温泉

えびの高原温泉(えびのこうげんおんせん)は、 宮崎県えびの市末永にある温泉

えびの高原温泉(えびのこうげんおんせん)は、 宮崎県えびの市末永にある温泉。九州で最も標高の高いところにあり、かつ最も野趣あふれる温泉の一つである。「市営露天風呂」は、話によると以前の源泉は温度が下がり過ぎたため入れる状態じゃなくなり、新しい源泉からお湯を引いたそうです。
宮崎県の温泉

木城温泉(きじょうおんせん)は、宮崎県児湯郡木城町にある温泉

2000年4月のオープンから1度もレジオネラ属菌の検出による休業になったことがない(2021年2月末現在)。温泉は毎日直接採水により5回の塩素濃度の検査と2回の湯温測定を行い、営業終了後は浴槽のお湯を全て抜いた上で浴槽清掃を行っている。
宮崎県の温泉

綾温泉(あやおんせん)とは、宮崎県東諸県郡綾町(旧国日向国)にある温泉

名水の町で知られる宮崎県綾町。その綾町に蔵元「雲海酒造」直営する複合レジャー施設・酒泉の杜内に湧出する温泉がある。浴場・綾温泉「照葉の湯」では、地酒をふんだんに使用た酒風呂をはじめ露天風呂など、大浴場、露天風呂、薬湯風呂、でんき風呂、サウナ数種の湯が完備。
宮崎県の温泉

天岩戸温泉(あまのいわとおんせん)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町にある温泉

岩戸地区の小高い丘の上に位置し、とても眺めの良い温泉です。泉質は、単純温泉・低張弱アルカリ性で神経痛、関節痛、胃腸痛などに効果があります。併設する天岩戸温泉茶屋では、地鶏うどんと温泉だんごがおススメです。
宮崎県の温泉

青島温泉(あおしまおんせん)は、宮崎県宮崎市青島地区で湧出している温泉

青島を中心に日向灘沿いに広がる温泉街で、豊富な湯量を誇っている。かつては新婚旅行のメッカとして賑わった青島地区だが、現在でも名勝・青島や秋季・春季のスポーツキャンプ(主に読売ジャイアンツ)などで多くの観光客が訪れる。
宮崎県の温泉

青井岳温泉(あおいだけおんせん)は、宮崎県都城市山之口町にある温泉

ぬるぬるとしたとろみのある泉質が特徴で、施設公式サイトではとろみの湯100選にも選ばれたとしている。また「九州八十八湯めぐり」の対象施設にもなっている。2013年6月で開業10周年を迎え、記念イベントが行われた。