長野県の温泉

長野県の温泉

湯俣温泉(ゆまたおんせん)は、長野県大町市平湯俣の高瀬渓谷にある温泉

湯俣は、その名の通り、温泉が湧き出る場所であり、河原を掘れば露天風呂を作ることができ、噴湯丘の場所には手作りの露天風呂があり、野湯を楽しめる。晴嵐荘の建つ河原の台地の近くには、機械掘りされた露天風呂が備えられており、入湯可能である。晴嵐荘には内湯もあり。
長野県の温泉

横谷温泉(よこやおんせん)は、長野県茅野市北山にある温泉

蓼科中央高原の渓谷に佇む創業90年の一軒宿。黄金色の出湯は銀泉から金泉へと変化し、開運の宿としても評判。深緑と滝、渓谷が織りなす眺望と、こだわり抜いた十割そばは自慢の一品。毎夜開かれるロビーコンサートはゆっくりと深山の時を過ごすのにうってつけ。
長野県の温泉

よませ温泉(よませおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町大字夜間瀬にある温泉

北信濃を代表する高社山(高井富士)の南東側山腹にあるよませスキー場内に掘削して創られた温泉。日新の湯と遠見の湯という2つの露天風呂をもつ外湯と、引き湯を利用し内湯をもつホテルが数軒ある。湯量が豊富なため、エリア内の舗装道路の一部では除雪用に湯が流される。
長野県の温泉

竜王温泉(りゅうおうおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町大字夜間瀬にある温泉

やまなし百名湯に認定された竜王ラドン温泉は地下千メートルからこんこんと湧き出した温泉が浴槽毎に毎分130リットル送られています。 当温泉は絶景温泉ではありませんが、いろいろな泉質の種類を併せ持つ豊かな温泉、個性あふれる温泉施設です。 多様性が高い山梨の温泉の中でも、最も強力な湯治効果を持ち全国でもトップレベルです。
長野県の温泉

霊泉寺温泉(れいせんじおんせん)は、長野県上田市にある温泉

霊泉寺温泉(れいせんじおんせん)は、長野県上田市(旧国信濃国)にある温泉。開湯伝説によれば、968年(安和元年)に霊泉寺が建立された際に、寺の傍から温泉が湧出したとされる。
長野県の温泉

蕨温泉(わらびおんせん)は、長野県高山村にある信州高山温泉郷の温泉

蕨温泉(わらびおんせん)は、長野県高山村にある信州高山温泉郷の温泉。日帰り浴場1、旅館1、蕎麦店1、直売所1がある。村営の日帰り浴場「ふれあいの湯」は、昭和63年(1988年)の開業以来、料金は300円で人気がある。