長野県の温泉

長野県の温泉

長野県の温泉

鹿教湯温泉(かけゆおんせん)は、長野県上田市にある温泉

鹿教湯温泉(かけゆおんせん)は、長野県上田市(旧丸子町、旧西内村、旧国信濃国)にある温泉。鹿に姿を変えた文殊菩薩が、信仰心の厚い猟師に温泉の場所を教えた、という開湯伝説がある。温泉名もこれに因み、鹿が教えた湯すなわち鹿教湯という。
長野県の温泉

白馬八方温泉(はくばはっぽうおんせん)

白馬八方温泉は、アルカリ度の高さで有名で、従来より公称されているpH11.3は都幾川温泉や飯山温泉と並ぶ高さである。また、2006年(平成18年)の分析ではpH値は11.5とさらに上がっており、これは前述の温泉地2か所よりも高い数値(日本一)である。
長野県の温泉

浅間温泉(あさまおんせん)は、長野県松本市北東部にある温泉

浅間温泉(あさまおんせん)は、長野県松本市北東部にある温泉。同市の奥座敷といわれる。 開湯は約1000年前。地元の豪族であった犬飼氏が天慶2年(939年)に発見したことに由来し、「犬飼の御湯」とも称される。
2021.02.28
長野県の温泉

別所温泉(べっしょおんせん)は、長野県上田市にある温泉

別所温泉(べっしょおんせん)は、長野県上田市にある温泉である。標高約570mの高地にある、信州最古と伝わる温泉地で、日本武尊が7か所に温泉を開き「七苦離の温泉」と名付けたという伝説から「七久里の湯」とも呼ばれる。 温泉街に近接して安...
2021.03.01
スポンサーリンク