長崎県の温泉

長崎県の温泉

平戸温泉(ひらとおんせん)は、長崎県平戸市にある温泉

平戸市には古くから、空海伝説のある田ノ浦温泉が存在してしていた。現在の平戸温泉は比較的新しい温泉で、平成12年(2000年)に平戸温泉給湯センターが完成し、市内中心街のホテルに温泉を供給している。
長崎県の温泉

長崎温泉 やすらぎ伊王島は、長崎県長崎市伊王島町にある、天然温泉を備えた宿泊施設

長崎温泉やすらぎ伊王島は、長崎市内から車で30分、船で19分の位置にあるリゾートホテルです。周辺には、美しき廃墟として知られる軍艦島があり、伊王島から軍艦島までのクルーズツアーも運行しています。自慢の天然温泉は、展望露天風呂に浸かりながら長崎の海を一望できる癒しの場所
長崎県の温泉

雲仙温泉(うんぜんおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙にある、キリシタン殉教悲史の舞台で世界的に有名な温泉

開湯は701年(大宝元年)に、行基によって温泉山満明寺が建立されたことに始まる。同時に四面神を祀る温泉神社も建立されたとされる。 温泉地として開発が始まったのは約350年前、松平忠房の命により湯守を勤めた加藤善右衛門が湯宿(現在の湯元ホテル)を設置したことによるとされる。
長崎県の温泉

小浜温泉(おばまおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町にある温泉

島原半島の西側、雲仙国立公園の西麓に位置し、橘湾に臨む風光明媚な温泉地でリウマチ・神経痛に効果のある高温で湯量の豊富な温泉として昔から多くの人に親しまれており、『湧出量×湯温』で求められる放熱量が日本一といわれている。
長崎県の温泉

島原温泉(しまばらおんせん)は、長崎県島原市(旧国肥前国)にある温泉

有明海に面し熊本方面とアクセスする島原外港近くに宿泊施設が集まる。また、温泉浴場として「ゆとろぎの湯」がある。温泉街という雰囲気ではないが、各旅館とも見晴らしが良く、九十九島(つくもじま)とよばれる有明海と風光明媚な島原の海岸線を一望する。
長崎県の温泉

波佐見温泉(はさみおんせん)は、長崎県東彼杵郡波佐見町にある温泉

歴史は古く、1200年前の開湯と伝わる。弘法大師(空海)が立ち寄り、地に立てた錫杖より湧出したという伝説が残る。泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)で源泉の温度は約40度。2009年に新泉源の掘削に成功して、源泉が切り替えられている。