長崎県の温泉

長崎県の温泉

荒川温泉(あらかわおんせん)

荒川温泉(あらかわおんせん)は、長崎県五島列島の福江島(五島市玉之浦町)にある温泉。開湯は1913年(大正2年)の11月である。この地に住んでいた山下という少年が発見したという。その後温泉開発がなされていった。
長崎県の温泉

壱岐湯ノ本温泉(いきゆのもとおんせん)は、長崎県壱岐市湯本浦、立石西触、本宮南触に跨る温泉

歴史は非常に古く、約1700年前から湧出していたと伝えられており、神功皇后が応神天皇の産湯につかわせたなどの伝承を残す。近年のボーリング開鑿による温泉発見までは壱岐唯一のいで湯としても知られていた。子宝の湯、または外傷に効能があるといわれる。
長崎県の温泉

稲佐山温泉(いなさやまおんせん)は、長崎県長崎市にある温泉

長崎市随一の景勝地、稲佐山山腹周辺に宿泊施設が数軒点在。温泉を引く宿泊施設は、日帰り入浴施設を併設した「ホテルアマンディ」と「大江戸温泉物語ホテル清風」のみ。
長崎県の温泉

琴乃湯(ことのゆ)は、長崎県佐世保市ハウステンボス町にある温泉

琴乃湯(ことのゆ)は、長崎県佐世保市ハウステンボス町にある温泉。九州随一のテーマパーク「ハウステンボス」の目の前で湧出している。 ウステンボスから徒歩1分。大浴場と露天風呂を備えた源泉かけ流しの湯が旅の疲れを癒してくれる。
2022.04.26
長崎県の温泉

荒川温泉(あらかわおんせん)は、長崎県五島列島の福江島(五島市玉之浦町)にある温泉

高浜海水浴場から南へ5kmほど離れたところにある玉之浦町の荒川温泉は、安政3年(1856年)に発見された、日本で最も西にある温泉地です。 古くは湯治客で賑わっていたそうですが、現在は海沿いのひなびた集落といった風情で、一歩路地を入ると食堂やスナックなど、 まるで映画のセットのような味のある建物が軒を連ねています。
長崎県の温泉

世知原温泉(せちばるおんせん)は、長崎県佐世保市世知原町にある温泉

佐世保市街地の北部に位置する、標高777mの国見連山の麓に湧く世知原温泉。平成16年(2004年)にオープンした公共の一軒宿・山暖簾。その設計は黒川紀章氏プロデュースしたもので、棚田が広がる田園風景を望む眺望が自慢。
長崎県の温泉

長崎温泉 やすらぎ伊王島は、長崎県長崎市伊王島町にある、天然温泉を備えた宿泊施設

長崎温泉やすらぎ伊王島は、長崎市内から車で30分、船で19分の位置にあるリゾートホテルです。周辺には、美しき廃墟として知られる軍艦島があり、伊王島から軍艦島までのクルーズツアーも運行しています。自慢の天然温泉は、展望露天風呂に浸かりながら長崎の海を一望できる癒しの場所
長崎県の温泉

小浜温泉(おばまおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町にある温泉

島原半島の西側、雲仙国立公園の西麓に位置し、橘湾に臨む風光明媚な温泉地でリウマチ・神経痛に効果のある高温で湯量の豊富な温泉として昔から多くの人に親しまれており、『湧出量×湯温』で求められる放熱量が日本一といわれている。
タイトルとURLをコピーしました