新潟県の温泉

新潟県の温泉

湯沢温泉(ゆさわおんせん)は、新潟県岩船郡関川村にある温泉

湯沢温泉は、この温泉郷で最も古いいで湯と言われ、800年前の鎌倉時代の開湯と伝わる。須貝刑部という人物が熊を追っている際、その熊が外傷を癒やしているのを発見し、湯屋を設けたという伝説が残る。
新潟県の温泉

湯田上温泉(ゆたがみおんせん)は、新潟県南蒲原郡田上町(旧国越後国)にある温泉

護摩堂山(標高268.3m)の中腹から新潟平野を見下ろす湯田上温泉。開湯は元文3年(1738年)に、湯治場として許可された記述が古文書に残り、250余年の伝統を誇る。 土用の丑の日に温泉に入ると一年間健康で過ごせる、とされている。
新潟県の温泉

湯之谷温泉郷(ゆのたにおんせんきょう)は、新潟県魚沼市(旧湯之谷村)にある温泉の総称

湯之谷温泉郷(ゆのたにおんせんきょう)は、新潟県魚沼市(旧湯之谷村)にある温泉の総称(温泉郷)。小出地区から奥只見に向かう谷沿いに、薬師、葎沢、芋川、折立、大湯、栃尾又、駒の湯の各温泉が並んでいる。
新潟県の温泉

湯の平温泉(ゆのひらおんせん、ゆのだいらおんせん)は新潟県新発田市にある温泉

湯の平温泉(ゆのひらおんせん、ゆのだいらおんせん)は新潟県新発田市にある温泉。山小屋が1軒ある。夏季のみ管理人がいる。売店はなく食事も出さない。宿泊は素泊まりのみ。 露天風呂が二つあり、男女別にしている。
新潟県の温泉

蓬平温泉(よもぎひらおんせん)は、新潟県長岡市蓬平町にある温泉

新潟県 蓬平温泉は、越後長岡を南東に抜け、豊かな自然と渓流に抱かれた山あいに湧く静かな温泉地です。「長岡の奥座敷」の呼称で親しまれ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色とその趣深い風情を漂わせています。
新潟県の温泉

蓮華温泉(れんげおんせん)は、新潟県糸魚川市にある温泉

蓮華温泉(れんげおんせん)は、新潟県糸魚川市にある温泉である。中部山岳国立公園区域内の標高1,475mの高所に位置する。自家発電の温泉宿のため、21時には消灯される。日帰り入浴も可能。