新潟県の温泉

新潟県の温泉

三川温泉(みかわおんせん)

三川温泉(みかわおんせん)とは、新潟県東蒲原郡阿賀町五十沢にある温泉。阿賀野川の支流、新谷川沿いに三川温泉と新三川温泉に分かれる。後者は3番目の村営源泉として三川村(当時)が1985年(昭和60年)に掘り当てたものである。旅館は三川温泉側に数軒、新三川温泉側に1軒ある。
新潟県の温泉

三島谷温泉(みしまだにおんせん)

三島谷温泉(みしまだにおんせん)は、新潟県長岡市大積三島谷町(旧越後国)にある温泉。長岡市郊外の山あいに、一軒宿の「永久荘」が存在。浴場は、男女別の内湯のみ。日帰り入浴可能。
新潟県の温泉

六日町温泉(むいかまちおんせん)は、新潟県南魚沼市にある温泉

駅から少し離れるが、この地域では旅館で日帰り入浴を行っているところも数箇所あり、中でも「龍氣」と言う施設には天然温泉の他に特許を取得した「薬石風呂」(特許No. 3987502号)や、からだが浮き上がるほどの濃塩湯につかる「うたたねの湯」という変わった設備があり、近郊・遠方共に愛好者が多い。
新潟県の温泉

村杉温泉(むらすぎおんせん)は、新潟県阿賀野市(旧国越後国)にある温泉

五頭山の山麓に温泉街が広がり、旅館は8軒存在する。共同浴場は2軒、「薬師乃湯」と「村杉共同露天風呂」(2016年8月以降、臨時休業中)ほかに足湯(薬師の足湯)が存在する。このほか、豆腐屋やカフェなどが軒を連ねる。
新潟県の温泉

村杉温泉(むらすぎおんせん)は、新潟県阿賀野市(旧国越後国)にある温泉

村杉温泉(むらすぎおんせん)は、新潟県阿賀野市(旧国越後国)にある温泉。周辺の出湯温泉、今板温泉と併せて五頭温泉郷(ごずおんせんごう)を構成している。 「子宝の湯」の異名を持つ。
新潟県の温泉

両津温泉郷(りょうつおんせんきょう)は、新潟県佐渡市にある温泉

島東側の両津港周辺にある椎崎、加茂湖、秋津、住吉の4温泉から成る両津温泉郷。海側に位置する住吉温泉には、トキが温泉で傷を癒した伝説が残ります。釣りを楽しんだ後は、温泉にゆっくり浸かって疲れを癒してみてください。
2022.04.25
新潟県の温泉

弥彦温泉(やひこおんせん)は、新潟県西蒲原郡弥彦村(旧国越後国)にある温泉

新潟県弥彦村に湧く「弥彦温泉」。新潟県屈指のパワースポット・弥彦神社の門前に広がる温泉地で、古くから弥彦神社の参拝者の宿場町として栄えてきました。現在も老舗旅館や飲食店、お土産店などが軒を連ね、温泉街からほど近くに位置する弥彦公園は、新潟県有数の紅葉スポットとして知られています。
新潟県の温泉

湯沢温泉(ゆさわおんせん)は、新潟県岩船郡関川村にある温泉

湯沢温泉は、この温泉郷で最も古いいで湯と言われ、800年前の鎌倉時代の開湯と伝わる。須貝刑部という人物が熊を追っている際、その熊が外傷を癒やしているのを発見し、湯屋を設けたという伝説が残る。
2022.04.24
新潟県の温泉

湯田上温泉(ゆたがみおんせん)は、新潟県南蒲原郡田上町(旧国越後国)にある温泉

護摩堂山(標高268.3m)の中腹から新潟平野を見下ろす湯田上温泉。開湯は元文3年(1738年)に、湯治場として許可された記述が古文書に残り、250余年の伝統を誇る。 土用の丑の日に温泉に入ると一年間健康で過ごせる、とされている。
新潟県の温泉

蓬平温泉(よもぎひらおんせん)は、新潟県長岡市蓬平町にある温泉

新潟県 蓬平温泉は、越後長岡を南東に抜け、豊かな自然と渓流に抱かれた山あいに湧く静かな温泉地です。「長岡の奥座敷」の呼称で親しまれ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色とその趣深い風情を漂わせています。
タイトルとURLをコピーしました