岡山県の温泉

岡山県の温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉で、川床から温泉が沸き出す湯場として、古くから親しまれています。泉質は硫黄鉱石アルカリ性単純泉。僅かに白濁したアルカリ泉でヌルヌル感があり硫黄臭が特徴の源泉掛流し湯。
岡山県の温泉

小森温泉(こもりおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町小森にある温泉

享保年間に岡山藩主池田継政が開設した温泉跡を、戦後昭和28年~29年にかけてボーリング調査を行なったところ、良質の温泉の湧出を得たことから池田家ゆかりの「いで湯」として再興したもの。アルカリ性単純温泉で、疲労回復・美容健康・神経痛・腰痛・アトピーなどに効果があるとされている
岡山県の温泉

苫田温泉(とまだおんせん)は、岡山県岡山市北区栢谷にある温泉地

苫田山南側の谷間にあたり、恵まれた自然の中に1軒の温泉旅館が存在する。苫田川はサクラの名所として知られ、シーズンに賑わいを見せる。岡山城や後楽園など市街地観光にも適しており、行楽拠点としても機能している。
岡山県の温泉

八幡温泉郷(やはたおんせんきょう)は、岡山市北区建部町にある温泉郷

八幡温泉郷(やはたおんせんきょう)は、岡山市北区建部町にある温泉郷である。「たけべ八幡温泉」などからなる。岡山市北区建部町の旭川の河畔にある温泉施設を中心とした温泉郷で、岡山県下有数の湧出量とラドン含有量を誇る。
岡山県の温泉

奥津温泉(おくつおんせん)は、岡山県苫田郡鏡野町に湧出する温泉

奥津温泉(おくつおんせん)は、岡山県苫田郡鏡野町に湧出する温泉である。かつての美作国に当たる場所であり、湯郷温泉、湯原温泉と共に「美作三湯」と呼ばれる。 漂白成分を含み、肌がスベスベになるという評判から「美人の湯」として人気
岡山県の温泉

あわくら温泉(あわくらおんせん)は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある温泉

鎌倉時代、この地の山中に狸が住み着いている狸ケ城という洞窟があった、その狸が狩人に撃たれて数日後に元気な姿で山に帰って行くのを見た村人が川辺を探すと湯が湧き出ており、それがあわくら温泉の由来であるという。
2021.06.15