岡山県の温泉

岡山県の温泉

岡山県の温泉

八幡温泉郷(やはたおんせんきょう)は、岡山市北区建部町にある温泉郷

八幡温泉郷(やはたおんせんきょう)は、岡山市北区建部町にある温泉郷である。「たけべ八幡温泉」などからなる。八幡温泉郷の名は、近隣の「七社八幡宮(しちしゃはちまんぐう)」による。
岡山県の温泉

奥津温泉(おくつおんせん)は、岡山県苫田郡鏡野町にある温泉

奥津温泉は、岡山県苫田郡鏡野町にある温泉。湯郷温泉、湯原温泉とともに「美作三湯」と呼ばれる。吉井川に関わる奥津橋を中心に温泉街が広がる。河原に露天風呂が2つ有る。2つある露天風呂の片方は「洗濯湯」と呼ばれ、そこで行われる足踏み洗濯が有名である。
岡山県の温泉

あわくら温泉(あわくらおんせん)は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある温泉

鎌倉時代、この地の山中に狸が住み着いている狸ケ城という洞窟があった、その狸が狩人に撃たれて数日後に元気な姿で山に帰って行くのを見た村人が川辺を探すと湯が湧き出ており、それがあわくら温泉の由来であるという。
2021.02.28
スポンサーリンク